【国際】Access to Seeds Foundationの種苗13社のサステナビリティ・ランキング発表。日本2社非常に低い 2019/02/17 最新ニュース

 Access to Seeds Foundationは1月25日、世界種苗大手13社のサステナビリティ評価ランキング「Access to Seeds Index 2019」を発表した。日本のタキイ種苗は11位、サカタのタネは最下位の13位と非常に厳しい結果となった。同ランキング発表は、オランダ政府、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、AgriCordが協力している。  対象となった企業は、米ダウ・デュポン、米モンサント、スイスのシンジェンタ(中国化工グループ)、仏リマグレン、独KWS、独バイエル、蘭ライク・ズワーン、蘭Enza Zaden、蘭Bejo、アラブ首長国連邦(UAE)のAdvanta、タイのEast-West Seed、サカタのタネ、タキイ種苗の13社。  今回のランキングの対象となった種苗の種は、米、とうもろこし類、小麦、ソルガムきび、きび、豆、大豆、ごま、いも、落花生、ひまわり等の穀物や豆類と、たまねぎ、トマト、オクラ、唐辛子、かぼちゃ、なす、キャベツ、カリフラワー、サヤインゲン、エンドウ豆、きゅうり、スイカ、レタス、にんじん、メロン等の野菜類で合計32品目。これらを種苗を生産する大手企業について…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る