private 【国際】PRI、署名機関の2020年報告からTCFD関連設問への回答を義務化 2019/02/20 最新ニュース

 国連責任投資原則(PRI)は2月19日、署名機関の2020年の年次報告から、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿った設問を導入し、回答を義務化すると発表した。2019年の年次報告までは任意回答だった。  現在のPRI署名機関数は480以上。運用資産総額では42兆米ドル(約4,600兆円)となる。PRIの年次報告では、回答が義務化されるものと、回答した結果の公表が義務化されるものがあるが、今回の発表では…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る