【日本】楽天と中国・京東集団、日本国内での無人配送構築で連携。ドローンや地上配送ロボット 2019/02/27 最新ニュース

【日本】楽天と中国・京東集団、日本国内での無人配送構築で連携。ドローンや地上配送ロボット 1

 楽天は2月21日、日本国内で構築を目指す無人配送ソリューション「楽天ドローン」で、中国の大手Eコマースサイト「京東商城(JD.com)」を運営する京東集団のドローンと地上配送ロボット(Unmanned Ground Vehicle:UGV)を採用したと発表した。両社は、人材不足に苦しむ日本の物流業で、無人配送実現で連携する。

 楽天は、2016年に「楽天ドローン」計画を開始。以後、企業や自治体と連携し実証実験や試験的なサービス提供を続けてきた。2018年には、ドローンとUGVを組み合わせた配送実験を初めて実施した。

 一方、京東集団は、2015年からドローン開発に着手し。2016年に江蘇省、陝西省等の農村部で世界初の商用ドローン配送を開始し、これまでに40万分以上の配達飛行を実現した。2019年1月にはインドネシアで同国初となる政府承認ドローン試験飛行の成功を発表し、東南アジアでも市場を拡大している。さらに2017年に発表した宅配用のUGVは、複数の大学構内に導入され、現在一部の都市でも運行。2018年11月には長沙市、フフホト市に中国初の「無人配送車スマート配送ステーション」を設立するなど、すでに多くの実績がある。

【参照ページ】楽天と京東集団、日本国内の無人配送ソリューション構築に向けて連携を開始
【画像】京東集団

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る