【日本】環境省、パリ協定長期成長戦略懇談会提言を踏まえ長期計画案公表。パブコメ募集 2019/04/28 最新ニュース

【日本】環境省、パリ協定長期成長戦略懇談会提言を踏まえ長期計画案公表。パブコメ募集 1

 環境省は4月25日、パリ協定長期成長戦略懇談会が4月2日に発表した提言を踏まえ、「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(仮称)」の案を公表した。5月16日までパブリックコメントを募集する。

 今回の案では、2050年までに二酸化炭素排出量を80%削減するという「野心的な」ビジョンを掲げ、「ビジョンの達成に向けてビジネス主導の非連続なイノベーションを通じた『環境と成長の好循環』の実現」と企業の果たす役割に大きな軸足を置いた。

 実現に向けた削減施策では、「再エネの主力電源化」「水素社会の実現/蓄電池/原子力/省エネ」「CCS・CCU/カーボンリサイクルの推進」と、再生かのエネルギーとともに、原子力、水素、CCS・CCUを併記し、パリ協定長期成長戦略懇談会の提言や、第5次エネルギー基本計画の内容を踏襲した。火力については、「パリ協定の長期目標と整合的にCO2排出削減」と言及し、経済産業省に対し、排出係数コミットメントの達成を迫る文言を入れた。

 また、運輸部門では、「2050年までに日本車1台あたり排出8割減を目指す」とし、電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)を大幅に増やす意気込みを見せた。欧州に比べ日本ではEVやFCVの普及が著しく遅れており、環境省には危機感もある。また、地域や社会についても、「可能な地域・企業等から2050年を待たずにカーボンニュートラルを実現」とし、企業や地方自治体が率先して二酸化炭素ネット排出量を向かうよう促した。

【参照ページ】パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(仮称)(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について
【参照ページ】【参考資料】パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(仮称)(案)の概要  

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る