【エチオピア】BHRRC、アパレル世界大手5社に労働人権侵害問題で質問票。ウォルマート、H&M等 2019/05/16 最新ニュース

 米労働人権NGOのWorker Rights Consortiumは2018年12月31日、エチオピアのアパレル産業での労働環境を調査した結果を報告。労働違反を犯しているエチオピアのアパレル生産大手4社を挙げ、それらに生産委託しているグローバル大手に対応を要求。これを受け、英NGOビジネス・人権資料センター(BHRRC)は5月、名指しされたグローバル大手5社に対応し対応状況の説明を求め、反応を発表した。

 労働違反が指摘された現地アパレル大手は、MAA Garment and Textiles, Kebire Enterprises、Arvind Lifestyle Apparel
Manufacturing、Jay Jay Textiles、JP Textile Ethiopiaの4社。名指しされたグローバル大手は、H&M、ウォルマート、フィリップス・バン・ヒューゼン(PVH)、チルドレンズプレイス(TCP)、Gerber Children’s Wear等。BHRRCは、これら5社に回答を要求した。

 BHRRCによると、H&M、PVH、ウォルマートの3社は5月13日までに回答。エチオピアでの労働人権侵害に対しては、調査を続けており、違反が見つかれば対応をすることと答えた。

【レポート】Ethiopia is a North Star

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る