【イギリス】運用業界団体IA、2025年ビジョン策定。気候変動、顧客需要変化、テクノロジーが3本柱 2019/07/01 最新ニュース

 英投資運用業界団体Investment Association(IA)は6月26日、投資運用業界の将来に向けたビジョン「2025年ビジョン」を発表した。「価値フォーカス業界への転換」「英内外の顧客需要への対応強化」「テクノロジーへの適応」の3つを柱に掲げた。

 IAが今回長期ビジョンを策定した背景には、投資運用業界に取り巻く環境が大きく変化してきており、生き残りのために変革しなければならないとの危機感がある。今回の発表に際しても、人の寿命長期化に伴う長期的な資産運用の重要性が増加、顧客の投資運用性向の多様化、サステナブルファイナンスの勃興、テクノロジーの変化の加速化、グローバル化の進展を具体的な変化の要素として列挙した。

 そのため、柱の一つ「価値フォーカス業界への転換」では、投資運用業界が、気候変動を中心としたサステナビリティやスチュワードシップを投資運用で考慮することが重要と位置づけた。テクノロジー対応では、サイバーセキュリティ対策とともに、テクノロジーを活用した事業効率やコスト削減が必要と打ち出した。

 IAは、掲げた3つの柱を実現するための道筋として、ガバナンスにおけるダイバーシティとインクルージョンの向上、コミュニケーションと教育、イノベーションや国際競争力を高めるための法規制アドボカシーの3つを定めた。特に一つ目のダイバーシティ・インクルージョンについては、投資運用の優れたガバナンスのためには、従来よりも多様な観点が必要となってきていることが伺える。
 
【参照ページ】IA LAYS OUT VISION FOR THE FUTURE OF THE INVESTMENT MANAGEMENT INDUSTRY

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る