【デンマーク】年金基金大手Industriens Pension、責任ある税務で共通原則と推奨事項策定 2019/08/22 最新ニュース

 デンマーク企業年金基金大手Industriens Pensionは8月19日、同国最大の企業年金基金PFA、企業年金基金PensionDanmark、公的年金基金ATPとともに、「責任ある税務」に関する共通原則と推奨事項に合意したとを発表した。同合意は、委託先運用会社を通じたプライベートエクイティ投資を対象とし、納税の透明性向上を目的としている。

 今回の原則は、「責任ある税務」を「責任ある投資」の一部とみなし、Industriens Pensionの税務専門ワーキンググループが策定。同ワーキンググループは、積極的な租税回避等の税務戦略を防止し、関連法における投資の透明性を促進することを目標としている。現在の法律と今後の進展が注意深く議論してきている。

 今回合意された原則の中核は全部で5項目で構成されている。

  • 積極的な税務計画を容認しない
  • 委託先運用会社による積極的税務計画有無の確認のため、追加報告とサンプル調査を要求する権利を有する
  • 委託先運用会社は、関連する税リスクを責任を持って監視および管理しなければならない
  • 税務分野の透明性を要求する
  • 委託先運用会社に独自の税務ポリシーを採用するよう促す

【参考】Pension companies come together on common tax principles

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る