【フランス】パリ等5都市政府、市域内での合成殺虫剤使用を禁止。広がる殺虫剤反対運動 2019/09/28 最新ニュース

【フランス】パリ等5都市政府、市域内での合成殺虫剤使用を禁止。広がる殺虫剤反対運動 1

 フランスのパリ、リール、ナント、グレノーブル、クレルモン・フェランの5市政府は9月12日、市域内での合成殺虫剤の使用を禁止した。生物多様性と公衆衛生のためと説明した。フランスでは、殺虫剤反対運動が地方を中心に勃興している。

 フランスではすでに、公園や公共スペースの緑地での殺虫剤が法律で禁止されている。同様に、1月からは、個人家庭での使用も禁止され、天然素材の殺虫剤のみが容認されている。そのため、今回の措置は合成殺虫剤に対するシンボリックな意味合いが強いとみられている。

 他にも、マクロン政権は、フランス全土で住宅地から5mから10mの範囲での農薬使用を禁止する法律も検討している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (9)

ページ上部へ戻る