【EU】欧州環境機関、サーキュラーエコノミー化が不十分と指摘。サービス型ビジネスへの転換必要 2019/10/06 最新ニュース

【EU】欧州環境機関、サーキュラーエコノミー化が不十分と指摘。サービス型ビジネスへの転換必要 1

 EUの欧州環境機関(EEA)は10月1日、サーキュラーエコノミーは、二酸化炭素排出量削減、省資源、生物多様性保護等に資するにも関わらず、欧州では改善の余地が大きいことを示したレポートを発表した。特に、製品主体のビジネルモデルから、サービス主体のビジネスモデルへの転換をするよう提言した。

 今回のレポートでは、サービス主体のビジネスモデルに転換できない背景として、企業文化、市場要因、制度の複雑性を挙げた。政府の取り組みとしては、EU32ヶ国中21ヶ国がサーキュラーエコノミーを推進する政策を導入しており、特に規制、市場メカニズム等を活用していることがわかった。今後の課題としては、サーキュラーエコノミーへの進捗をモニタリングするための投資が必要と指摘。特に必要データを測定できるようにすべきとした。

【参照ページ】Europe’s circular economy still in its infancy

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る