【日本】パタゴニア、2020年4月1日から持ち帰り袋全廃。マイバッグ・リサイクル運動も開始 2019/10/20 最新ニュース

【日本】パタゴニア、2020年4月1日から持ち帰り袋全廃。マイバッグ・リサイクル運動も開始 1

 パタゴニア日本支社は10月16日、直営店全22店舗での持ち帰り袋の提供を2020年4月1日から全廃すると発表した。海洋プラスチック問題への対策。紙袋の提供やマイバッグの販売もやめる。同社の購入カスタマーのうち、すでに83%がマイバッグを持参していることから、マイバッグ持参の徹底に振り切ることにした。

 パタゴニアは、1989年の日本での第1号店目白ストアのオープン以来、「再生紙100%」の持ち帰り袋を使用。その後、オーガニックコットン製キャンバスバッグの販売も実施し、2007年からは、持ち帰り袋が必要な顧客には海外の工場出荷時点で製品を梱包するLDPEプラスチックのリサイクル原料を100%袋をデポジット制システムで提供し、返却時に返金する精度を採用してきた。

 さらに同社は、4月1日から、家庭で使用されずに眠っているエコバッグを循環、共有する制度「エコバッグ・シェアリング」も開始する。他社製のものでも受け付ける。回収は10月16日から開始した。

【参照ページ】パタゴニア直営店、2020年4月1日よりお持ち帰り袋を全廃

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る