private 【ドイツ】連邦両院、各業界のCO2排出削減義務法定化や新カーボンプライシング導入を承認。財源調整のみ今後調整 2019/11/30 最新ニュース

 ドイツ連邦参議院(上院)は11月29日、ドイツ政府が提出した「気候保護法案パッケージ」を一部修正した上で可決した。ドイツ連邦議会(下院)はすでに11月15日に可決済み。同法案は、2050年までにドイツの二酸化炭素ネット排出量をゼロにすることを目指し、2030年までに各業界の二酸化炭素排出量を1990年比55%削減をする義務を各省庁に課したもの。今後、上下院での合意協議に入る。  ドイツ政府の現行目標は、2050年までに二酸化炭素排出量を80%から95%削減。10月、連携与党を構成するキリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)と社会民主党(SPD)は9月、気候変動政策パッケージ案を公表。その中で、気候保護法の制定についても両党で合意していた。同政策案は、10月9日にドイツ連邦政府で閣議決定。そして今回、上下院で可決されたことで、ドイツの公式目標は、2050年までにカーボンニュートラルに引き上げられた。  気候保護法案パッケージは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る