private 【国際】SBTi、2019年進捗レポート発表。世界285社が承認済。265万tCO2削減見込み。日本企業は56社 2019/12/08 最新ニュース

 SBTi(科学的根拠に基づく目標イニシアチブ)は12月4日、SBTiが10月31日までに二酸化炭素排出量削減目標を承認した285社の削減目標をまとめた2019年の進捗レポートを発表した。285社の自社事業での排出量合計752万あり、各社が立てた削減目標を実現すると、35%に相当する265万tが削減できる見込みとなった。265万tはフランスとスペインの排出量に相当。石炭火力発電所で換算すると68基分となる。

 285社のうち大半は、2030年目標を設定。まだSBTiから承認されていないものの、加盟した企業数も含めると686社となる。国別数では、米国、英国、フランス、日本が多い。一方、各国の企業排出量でSBTiに加盟した企業の割合では、デンマークは50%に到達。フィンランド、フランス、アイルランドでも40%に近づいている。日本は20%超。また、285社のうち67社は、2℃目標より厳しい1.5℃目標での削減目標が承認されている。

 現在、承認済の日本企業は、具体的には、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る