private 【国際】世界旅行ツーリズム協議会、旅行業界の2050年までのカーボンニュートラル宣言。アクション加速 2019/12/18 最新ニュース

 旅行業界の国際業界団体、世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は12月3日、国連気候変動枠組条約第25回マドリード会議の中で、2050年までに旅行業界の二酸化炭素ネット排出量をゼロ(カーボンニュートラル)にするアクションプランを発表した。手段として、プラスチック使用量の削減、食品廃棄物の削減にも言及した。

 旅行・観光業は、世界のGDPの10%以上を占め、業界人口は3億1,300万人。二酸化炭素排出量は世界全体の5%を占める。WTTCは、2035年までに世界の旅行・観光からの二酸化炭素排出量を50%削減する目標を掲げていたが、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る