【日本】GPIF、欧州評議会開発銀行のソーシャルボンドへの投資を委託先運用会社に提案 2019/12/20 最新ニュース

【日本】GPIF、欧州評議会開発銀行のソーシャルボンドへの投資を委託先運用会社に提案 1

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は12月6日、欧州評議会開発銀行(CEB)のソーシャルボンドへの投資機会を、GPIFが運用を委託する運用会社に新たに提案していくと発表した。

 CEBは、「ソーシャル・インクルージョン・ボンド」というラベルで、ソーシャルボンドを発行している。資金使途は、中小企業支援ローン、低価格住宅、教育・職業訓練の3つ。

 GPIFは、ポートフォリオのカーボンフットプリント削減や、パリ協定整合性を高めるため、グリーンボンドへの投資を増やしている。但し、GPIFは、自家運用が禁止されているため、委託先の運用会社にグリーンボンドへの投資を促すという手段をとっている。同様にソーシャルボンドへの投資も、ESGインテグレーションの手法の一つと説明している。

 すでに、世界銀行、欧州投資銀行、アジア開発銀行、北欧投資銀行(NIB)、欧州復興開発銀行(EBRD)、イスラム開発銀行が発行するグリーンボンドやソーシャルボンドの購入促進も行っている。GPIFは、グリーンボンド資産インデックスでの運用を早くて2020年度から開始するという報道も出ている。

【参照ページ】ソーシャルボンドに関する欧州評議会開発銀行との取り組みについて

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る