private 【アメリカ】P&G株主総会、森林破壊撲滅報告を取締役会に要求で決議。ブラックロックも賛成 2020/10/17 最新ニュース

 消費財世界大手米P&Gは10月13日、通常株主総会を開催。その中で、同社の経営陣に対し、サプライチェーン上での森林破壊や原生林破壊を撲滅するためのアクションを同社が規模、速度、熱心さの3つの次元で拡大したときのインパクトを株主に報告することを義務付ける株主提案の株主投票実施。67%の株主が賛成に回り、同議案は決議された。

 今回提出の株主提案は、環境投資信託専業のGreen Century Fundの株式投資ファンド「Green Century Equity Fund」が行ったもの。P&Gの取締役会は、一貫して反対票を投じるよう推奨していたが、株主の多くが、取締役会の意に反して、賛成票を投じた。

 同株主提案では、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る