【国際】ムーディーズ、グリーンボンド評価サービスを廃止。子会社Vigeo EIRISに一本化 2020/11/04 最新ニュース

【国際】ムーディーズ、グリーンボンド評価サービスを廃止。子会社Vigeo EIRISに一本化 1

 信用格付世界大手ムーディーズは10月22日、同社が提供してきたグリーンボンド評価サービスを廃止し、買収子会社化したVigeo EIRISが提供するサステナブルボンドのセカンドオピニオン・提供サービスに関連事業を集約すると発表した。

【参考】【国際】ムーディーズ、グループ内ESGサービスを統合。「ESGソリューション・グループ」発足(2020年9月15日)

 ムーディーズは、2016年に同サービスの提供を開始し、市場でも一定のプレゼンスを示していたが、セカンドオピニオン・サービスでシェアの大きいVigeo EIRISを買収したことで、グループ内に2つの競合商品を抱えることとなっていた。今回はVigeo EIRISにサービスを一本化した形。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る