【日本】三菱商事、エネルギー転換で2030年度までに2兆円投資。スコープ1・2でカーボンニュートラルも 2021/10/19 最新ニュース

【日本】三菱商事、エネルギー転換で2030年度までに2兆円投資。スコープ1・2でカーボンニュートラルも 1

 三菱商事は10月18日、スコープ1とスコープ2での2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)と、2030年度までの2兆円のエネルギー・トランスフォーメーション投資を発表した。

 二酸化炭素排出量では、関連会社のスコープ1とスコープ2を含めた上で、2050年にカーボンニュートラル、2030年度に2020年度比50%減を目標として設定した。投資事業が多く、関連会社の多い総合商社の中で、関連会社も含めた目標設定は画期的。但し、スコープ3での目標設定までには至らなかった。

 実現手法としては、火力発電アセットのダイベストメント(投資引揚げ)、再生可能エネルギーへの転換、省エネ、燃料転換等を挙げた。

 エネルギー・トランスフォーメーションへの投資では、再生可能エネルギー、ベースメタル、レアメタル、天然ガス、水素・アンモニア等を対象事業に挙げた。

【参照ページ】カーボンニュートラル社会の実現に向けて

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る