【日本】アステラス製薬、一部の医薬品包装でバイオプラスチック採用。世界初 2021/10/21 最新ニュース

【日本】アステラス製薬、一部の医薬品包装でバイオプラスチック採用。世界初 1

 アステラス製薬は10月11日、医薬品包装のPTPシートにバイオプラスチックの採用を開始すると発表した。医薬品包材用PTPシートへのバイオプラスチックの採用は世界初。

 今回採用したシートは、サトウキビ由来のポリエチレンを原料の50%に使用。今回医薬品に求められる衝撃強度、外気からの密閉性、取り出しやすさ、視認性、小分けの切り離し容易さ等の厳しい基準をクリアした。

 同社はまず、2021年度中に日本国内向けの下痢型過敏性腸症候群治療剤「イリボー錠5µg」(一般名:ラモセトロン塩酸塩)で採用を開始。今後、他の製品でも切り替えを検討する。同時に、さらに環境フットプリントの低い包装を追求する。

【参照ページ】世界初、医薬品の一次包装であるPTPシートに環境に優しいバイオマスプラスチックを採用

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る