【ヨーロッパ】バイヤスドルフ、低炭素スプレー缶開発。再生アルミニウム製、噴射剤では窒素活用 2021/12/08最新ニュース

 独化粧品大手バイヤスドルフは12月1日、英エアロゾル技術Salford Valve、及びスイスのアルミニウム缶製造ヌスバウム・マッツィンゲンと協働し、製品カーボンフットプリントを削減したスプレー缶を開発したと発表した。同社主力シリーズ「ニベア」のデオドラント商品とシェービングクリームに採用し、2022年に欧州で上市する。同アクションは、同社が2020年設定したサステナビリティ目標「CARE BEYOND SKIN」の一環。

 バイヤスドルフは5月、…

Links