【日本】トヨタ、2030年に年間EV販売350万台へ。レクサスは2035年までにEVのみに 2021/12/15最新ニュース

【日本】トヨタ、2030年に年間EV販売350万台へ。レクサスは2035年までにEVのみに 1

 トヨタ自動車は12月14日、「バッテリーEV戦略に関する説明会」を開催。その中で、豊田章男社長は、2030年に電気自動車(EV)の世界販売台数を年間350万台とする目標を掲げた。トヨタ自動車も車種のEV化に向けて本格的に動き出した。

 特にレクサスでは、2030年までに、全車種カテゴリーでEVタイプを投入。欧州、北米、中国では、全てEV販売比率を100%にまで高め、グローバルで100万台の販売を目指す。さらに、2035年にはグローバルでEV比率100%を目指す。性能では、加速タイムは2秒前半、航続距離700km以上、全固体電池の搭載も視野に、ハイパフォーマンスEVの実現を標榜した。

 また今回、EV専用車種「bZ(beyond ZERO)」シリーズを初披露。EV専用プラットフォームも開発した。シリーズ第1弾の「bZ4X」は、SUBARUとの共同開発で、本格SUVタイプ。2022年の販売開始を目指し生産を開始していることも明らかにした。1kmの当たりの電力消費量は125Wh。

 電池関連の新規投資額も、を9月に発表した1.5兆円から、2兆円に増額すると表明した。

【参考】【日本】トヨタ、車両と電池を全方位で開発。電池開発には2030年前に1.5兆円投資(2021年9月11日)

 他方、事業戦略としては、ガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車も含めた全方位戦略は堅持すると明言。地域毎のエネルギーを選択するのは、各地域の市場や市民であり、選択肢を残すとした。選択と集中のほうが経営的には効率的としながらも、未来を予測するより、変化に対応すると述べた。

【参照ページ】バッテリーEV戦略に関する説明会

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links