【日本】伊藤忠、ネステSAFの国内独占販売契約締結。羽田と成田に供給 2022/03/02最新ニュース

【日本】伊藤忠、ネステSAFの国内独占販売契約締結。羽田と成田に供給 1

 伊藤忠商事は2月16日、フィンランド石油化学大手ネステとのパートナーシップを拡大し、同社の持続可能な航空燃料(SAF)「Neste MY Sustainable Aviation Fuel」の日本における独占販売契約を締結したと発表した。東京国際空港と成田国際空港向けにSAF供給を行う。

 同社は2020年、全日本空輸(ANA)と協働し、日本におけるSAFサプライチェーンを構築。その他にも、伊藤忠商事子会社ファミリーマートの横浜市内の配送センターで、配送車両の一部において燃料をネステの100%再生可能ディーゼルに切り替える等、協働を進めてきた。

【参考】【国際】ネステ、伊藤忠とファミマ配送センターで再生可能ディーゼル切替え。フィンランドではEV充電サービス(2021年6月10日)

 今回契約締結したネステのSAFは、植物油廃棄物や残渣油等を原料に使用。化石燃料由来のジェット燃料比で二酸化炭素排出量を最大80%削減できる。またドロップイン燃料として、既存の航空機のエンジンや空港の燃料インフラで活用できるため、追加投資は必要ない。

 国土交通省は2021年12月、2030年までに日系航空会社による航空燃料使用量の10%をSAFに転換する目標を設定。日本国内でのSAF生産を加速させるとともに、欧米ですでに実績のあるSAFを最大限活用することが必要と位置付けている。

【参照ページ】Neste and ITOCHU expand partnership to grow the availability of sustainable aviation fuel in Japan
【参照ページ】航空輸送分野における再生可能資源由来の燃料ビジネスの更なる展開について
【画像】Neste

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links