【アメリカ】NGO、CA100+加盟機関投資家の2022年株主総会議決権行使分析。運営不十分 2023/01/12最新ニュース

 国際的なESG投資推進NGOのMajority Actionは1月10日、気候変動機関投資家団体のAIGCC及びClimate Action 100+(CA100+)に加盟している機関投資家の米国企業への2022年株主総会での議決権行使結果を調査したレポートを発表。議決権行使の影響力を有効に活用できていないと指摘した。

【参考】【国際】CA100+、ターゲット166社の第2弾評価結果発表。達成度低い。議決権行使促す(2022年4月2日)

 今回の調査では、…

Links