Skip navigation
サステナビリティ・
ESG金融のニュース
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【国際】G7環境・エネルギー相会合、天然ガス促進盛り込まれず。化石燃料段階的廃止も時期示せず

 G7気候・エネルギー・環境相は4月15日と16日、札幌市で会合を開催。最終日に共同声明を発表した。全36ページ。現時点での合意事項や方向性をまとめた。

 同声明では、まず、パリ協定に基づく気候変動1.5℃目標と、昆明・モントリオール生物多様性枠組みに基づく目標の達成にコミット。「国家管轄圏外区域の海洋生物多様性(BBNJ)」条約案での合意を歓迎した。また、気候変動、生物多様性の喪失、汚染、土地劣化 、エネルギー危機に対処し、クリーンエネルギーへの移行、省資源、サーキュラーエコノミーを加速させ、国連2030アジェンダと国連持続可能な開発目標(SDGs)を達成するためにシナジーを追求することも約束した。あらゆるレベルでカーボンニュートラルかつネイチャーポジティブへの転換を達成するため、緊急的な行動を起こしていくことも謳った。

 エネルギー転換では、…

この記事のタグ

この記事は有料会員限定です。

ログインまたは、有料会員登録をお願いします。

まずは無料会員登録 ログインする

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
  • 重要ニュースをウェビナーで分かりやすく解説※1
さらに詳しく

※1:重要ニュース解説ウェビナー「SJダイジェスト」。詳細はこちら

"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。