【オランダ】国際環境NGO、INGをOECD相談窓口に通報。児童労働関与のパーム油大手からの投資引揚げ要求

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOのFriends of the Earth(FoE)Milieudefensie(Netherlands)、リベリアのSustainable Development Institute、インドネシアのWahana lingkungan Hidup Indonesiaは7月5日、蘭金融大手INGグループを相手取り、経済協力開発機構(OECD)の「OECD多国籍企業行動指針」の下で設定されている「連絡窓口(NCP)」に通報 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ダウ・ケミカル、自然資本観点を経営に統合。各事業投資でアセスメント実施

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手米ダウ・ケミカルは6月6日、2017年版のサステナビリティ報告書を発表した。同社は、2025年までのサステナビリティ目標を掲げているが、その中でも自然資本のコンセプトを経営に統合させる取組「Valuing Nature」に大きな注目が集まっている。今回の報告書でも2017年の取組成果が公表された。  Valuing Natureは、自然環境が人間社会に果たしている役割を定量的に金額換算する試み。ダウ・ケミカルは、この自然 [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本連合NCC、自然資本プロトコル金融セクター補足書を発行。先行事例も紹介

Facebook Twitter Google+

 国際的な自然資本報告基準策定英NGOの自然資本連合(NCC)は4月23日、香港で開催された香港会計士公会のイベントの場で、自然資本視点を活用した金融機関向け事業ガイドライン「Finance Sector Supplement」を発行した。同ガイドラインは、NCCが2016年に発行した「自然資本プロトコル(NCP)」の金融セクター補足書の位置づけ。今回のガイドラインは、Natural Capital Finance Alliance( [...]

» 続きを読む

【イギリス】スコットランド英国王室領、自然資本プロトコルを活用した土地管理を実施

Facebook Twitter Google+

 スコットランドの英国王室領を管理する公益法人Crown Estate Scotlandは11月27日、自然資本プロトコル(NCP)を活用した土地管理を実施すると発表した。スコットランド北部マレーの2ヶ所で2018年3月までパイロットプロジェクトを実施する。  英国王室領はロンドンにある公益法人Crown Estateが管理してきたが、スコットランドの英国王室領は、2016年スコットランド法に基づき、別法人Crown Estate [...]

» 続きを読む

【国際】自然資本連合NCCとSocial Value International、双方のガイドラインの共通性と相違点を整理

Facebook Twitter Google+

 社会インパクト推進国際ネットワークSocial Value International(SVI)は11月16日、同機関のSocial Value Framework(社会価値フレームワーク)が視野に入れる社会価値と、自然資本連合(NCC)の自然資本プロトコル(NCP)が視野に入れる環境価値の双方の関連性を整理したディスカッション・ペーパー「The Relationship between Social Value Principle [...]

» 続きを読む

【オランダ】国際NGOによるINGグループ気候変動OCEDガイドライン違反の訴え。オランダNCP受理

Facebook Twitter Google+

 経済協力開発機構(OECD)のオランダ相談窓口(NCP)であるオランダ外務省は11月14日、国際NGOのオランダ支部、オックスファム・オランダ、グリーンピース・オランダ、バンクトラック、Friends of the Earth(FoE)の4団体が、オランダ金融大手INGのグループをパリ協定での国際合意に十分にコミットしていないと訴えていた問題で、案件を正式に受理すると発表した。パリ協定へのコミット違反がNCPで争われるのは世界初。 [...]

» 続きを読む

【インド】タタ・グループ、自然資本プロトコル(NCP)を活用したアセスメント実施

Facebook Twitter Google+

 印財閥大手タタ・グループは、一部事業で自然資本プロトコル(NCP)に基づく自然資本アセスメントを実施した。NCPに基づくアセスメントは、企業がサステナビリティレベルを改善するために自主的に行うもので、従来の環境評価よりも広範囲で包括的に実施することが特徴。今回タタ・グループは、対象事業として、鉄鋼子会社タタ・スチールの資源採掘部門、電力子会社タタ・パワーの水力発電部門、化学子会社タタ・ケミカルのソーダ灰工場、自動車子会社タタ・モー [...]

» 続きを読む

【国際】WBCSDとNCC、自然資本プロトコルの実践ツール発表。各自然資本の測定手法リスト

Facebook Twitter Google+

 持続可能な発展を目指すグローバル企業団体、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)と自然資本分野における国際基準策定の自然資本連合(NCC)は7月13日、自然資本プロトコル(NCP)の実施のための新たなツール「Natural Capital Protocol Toolkit」を発表した。同ツールは、様々な機関やNGOが開発してきた自然資本に関するガイドラインや各自然資本の測定手法を一覧できる「まとめサイト」。現在50を超え [...]

» 続きを読む

【スイス】NCC、製薬大手ロシュが実施した自然資本アセスメントの結果と意義を紹介

Facebook Twitter Google+

 自然資本分野における国際基準策定の自然資本連合(NCC)は3月22日、2016年7月13日に発行した初版「自然資本プロトコル(NCP)」の策定にあたり2015年10月から2016年2月まで実施された「パイロットプログラム」で、「Deep Dive Pilots」に参加した製薬世界大手ロシュのプログラム実施内容を公表した。このロシュのパイロットプログラムは、自然・社会資本インパクトコンサルティングSustain Valueが支援した。 [...]

» 続きを読む

【人権】国際人権法と企業の人権問題 〜Jパワー・伊藤忠商事・パタン石炭火力発電所の事例〜

Facebook Twitter Google+

 今、日本企業と日本政府が大きく関与するインドネシアでの石炭火力発電所建設が、大きな人権問題に直面しています。今年6月28日、先進国が集う国際機関、経済協力開発機構(OECD)の日本相談窓口(NCP)が、この問題を正式に受理し審議することを決定したというアナウンスがOECDから出ました。訴えられたのは、この石炭火力発電所建設を担う企業の株主である電源開発(Jパワー)と伊藤忠商事。一方で訴えたのは、国際的なNGOのサポートを受けるインド [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る