【国際】IUCN世界自然保護会議、象牙取引の全面禁止や海洋生物多様性保護を決議

Facebook Twitter Google+

 国際的な自然保護団体である国際自然保護連合(IUCN)が開催する第6回世界自然保護会議(WCC6)が、ハワイ・ホノルルで9月1日から10日まで開催された。IUCNは、政府やNGOが加盟する団体で、日本の環境省も国家会員として加盟している。世界自然保護会議は、IUCNが4年に1度開く会員総会と「世界自然保護フォーラム」の2つで構成され、「自然保護オリンピック」とも呼ばれている。今回の第6回会議には、政府関係者、企業関係者、大学関係者、 [...]

» 続きを読む

【ハイチ】HP、ごみ埋立場で生計を立てる貧困層を支援。リサイクルフロー確立を同時に目指す

Facebook Twitter Google+

 電子機器世界大手HPは9月21日、ハイチのごみ埋立現場で生じている社会問題の解決に乗り出すことを発表した。ハイチのごみ埋立場では、貧困層の子どもたちがリサイクル可能な製品を収集して生活のための貴重な財源となっていると同時に、不衛生で危険な現場での作業のため健康不安も抱えている。HPは、健全なサーキュラーエコノミー(循環型経済)を実現するために、ごみ埋立場でのリサイクル品収集に従事している子供や親に対して教育機会を提供するとともに、よ [...]

» 続きを読む

【ドイツ】独のマテリアル情報開示ガイドライン「SD-KPI 2016-2021」公表。SASBの成果織り込む

Facebook Twitter Google+

 ドイツの投資コンサルティング企業SD-M(Sustainable Development Management)は9月23日、第2版となる「SD-KPI(Sustainable Development Key Performance Indicators)STANDARD 2016-2021」を発表した。SD-KPIは、業種ごとに投資家視点でマテリアルとなる項目を特定したガイドライン。GRIがG4で企業にとって重大な影響を与える(こ [...]

» 続きを読む

【国際】国連グローバルコンパクト、SDGsの達成に向け新たな取組を発表。先進企業の事例紹介などを強化

Facebook Twitter Google+

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は9月19日、GRI、国連責任投資原則(PRI)、デンマーク・コペンハーゲンに本部を置くシンクタンクMonday Morning社と同社が設立したシンクタンクSustaina、コンサルティング企業Volans社とともに、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けたイニシアチブやビジネスパートナーシップの創出をサポートする新たな4つの取組を発表した。  まず、Monday Morning社とS [...]

» 続きを読む

【イギリス】政府、大規模な海外領土海域を海洋保護区に指定。100万km²で商業漁業を禁止

Facebook Twitter Google+

 英国の外務・英連邦省は9月15日、英国の海外領土として保有する太平洋及び大西洋の島々の領海及び排他的経済水域(EEZ)において、海洋生態系を保護するため海洋保護区(MPAs)に指定したことを発表した。今回指定の対象となった島は、アフリカ沖大西洋に位置するセントヘレナ島の海域(444,916km²)と、太平洋に位置するピトケアン諸島の海域(840,000km²)。セントヘレナ島の海域では資源採掘が禁止され、ピトケアン諸島の海域では資源 [...]

» 続きを読む

【国際】新興国の農業ビジネス大手が連合体「GAA」設立、サステナビリティ改善で連携

Facebook Twitter Google+

 農業ビジネス大手36社は9月15日、世界の農作物サプライチェーンや農業経営者が直面する主要な環境・社会課題へ連携して対処するための連合体「Global Agri-business Alliance(GAA)」を設立した。本部はシンガポールに置く。設立メンバーとして参加するのは、新興国企業が多く、ウィルマー・インターナショナル(シンガポール)、ゴールデン・アグリリソーシーズ(シンガポール)、オーラム・インターナショナル(シンガポール) [...]

» 続きを読む

【ヨーロッパ】スペイン風力発電設備大手ガメサ、仏アレバとの合弁洋上風力企業を買収

Facebook Twitter Google+

 原子力世界大手フランスのアレバは9月15日、スペイン風力発電メーカー大手ガメサとの合弁企業、洋上風力発電事業のアドウェン社(Adwen)の全保有株式をガメサに売却することを発表し、洋上風力の分野から完全に撤退することが明らかとなった。ガメサは今年6月、独シーメンス社との間で風力発電事業を統合することを決定しており、これを受けアレバはアドウェン株をガメサから買い取るか、自社の保有株式をガメサに売却するかの選択を迫られていた。アレバは本 [...]

» 続きを読む

【国際】ダイバーシティに富む企業「D&Iインデックス」世界トップ100社、アステラス製薬が5位

Facebook Twitter Google+

 ニューヨークに本社を置く金融情報世界大手のトムソン・ロイターは9月26日、世界で最もダイバーシティに富む上場企業100社を選出した新リスト「Diversity & Inclusion(D&I)Index」を発表した。調査対象は、同社がESGデータを保有する世界の上場企業5,000社超。ダイバーシティは従業員などの多様性を意味し、インクルージョンは日本語では「社会的包摂」とも訳されるがこれまで社会的に受入れられてこなかった人々を企業や [...]

» 続きを読む

【アメリカ】バンカメ、2020年までに事業電力100%を再生エネルギー電力で調達。RE100に参加

Facebook Twitter Google+

 銀行世界大手のバンク・オブ・アメリカは9月15日、2020年までに事業で利用する電力を100%再生可能エネルギー(原子力発電を含まない)で調達することを含む、2020年までの環境目標を発表した。今後グループ全体で、事業所での温室効果ガス排出量を50%削減、エネルギー使用量を40%削減、水資源使用量の45%削減する。再生可能ネルギー割合を100%とする目標については、再生可能エネルギー100%での事業運営を目指す国際イニシアチブ「RE [...]

» 続きを読む

【アメリカ】GM、2050年までに事業運営を100%再生可能エネルギーにする目標を発表

Facebook Twitter Google+

 自動車世界大手GMは9月14日、同社が世界59ヶ国に保有する全事業所において、2050年までに事業で利用するエネルギーを100%再生可能エネルギーで調達する目標を発表した。同社は「事業利用エネルギー100%」を掲げる国際イニシアチブの「RE100」にも参加することを表明した。同社がここで定める再生可能エネルギーには、原子力発電は含まれない。  同社は2015年時点で、自動車製造やオフィス、テクニカルセンター、倉庫などで世界全体で9テ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る