【アメリカ】ナスダック・サステナビリティ・インデックスが更新。アドビ、テスラらが新たに選出

Facebook Twitter Google+

 ナスダックOMXグループとCRDアナリティクスは5月18日、最新版のナスダック・OMX CRD グローバル・サステナビリティ・インデックスを発表した。同インデックスは半期に一度選定銘柄が更新される。  今回リストに加えられた企業はアドビシステムズ、オートデスク、キャンベルスープ、コン・エジソン、ディレクTV、フェデックス、NRGエナジー、テスラモーターズ、そしてベライゾン・ワイヤレスの9社だ。  一方、今回のランキング更新によりヘス [...]

» 続きを読む

【オーストラリア】政府、多国籍企業の租税回避に歯止めをかける新法案を提出

Facebook Twitter Google+

 多国籍企業による租税回避が世界各国で問題となっている中、オーストラリアが独自の規制強化に動き出している。オーストラリア政府は5月12日、15年度の予算案発表に先立ち、これまで問題視してきた多国籍企業の租税回避に対する取り締まりを強化する新たな法案を議会に提出した。同法案が通過すれば、税務局がより大きな権力を握りこれまでより高額な罰金を徴収することができるようになるほか、大手企業による納税情報開示に関する規範が設けられる。  政府は声 [...]

» 続きを読む

【国際】2020年のレピュテーション・マネジメントを形作る10のトレンド

Facebook Twitter Google+

 ソーシャルメディアの普及などに伴い消費者と企業の関係が変わりつつある中、全ての企業にとってレピュテーション・マネジメントの重要性はますます高まりつつある。そして、それはビッグデータをはじめとするテクノロジーの進化により今後5年間で更に大きく形を変えていきそうだ。企業のレピュテーション・マネジメントのコンサルティングを手がけるReputation Institute社(以下、RI社)は5月21日、2020年のレピュテーション・マネジメ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ウォールストリートの洗礼を浴びるBコーポレーション、Etsy

Facebook Twitter Google+

 今年の4月16日に米国のNASDAQ証券取引所に上場したEtsyの動向が話題を呼んでいる。Etsyが先月に上場後初となる決算発表を行って以降、同社の株価が上場直後から約50%も下落してしまっているのだ。  Etsyはハンドメイドやビンテージ、クラフト資材を個人間が売買している世界最大規模のオンラインマーケットプレイスで、社会、環境に配慮した事業を展開している認定Bコーポレーションとしても有名な企業だ。本業を通じて環境に優しいハンドメ [...]

» 続きを読む

【中国】国務院、主要都市の排出ガス規制を「ユーロ5」並みに強化することを決定

Facebook Twitter Google+

 国務院(内閣に相当)は5月5日、常務会を開催し、中国主要都市の排出ガス規制を強化しすることを決定し、「ガソリン関連製品品質向上加速通知」(発展改革委員会エネルギー通知2015年974号)を発表した。2016年1月1日以降、市場流通するガソリン及びディーゼル油の硫黄化合物含有量をEUが現在設定している「ユーロ6基準」の前段階の「ユーロ5基準」並に引き上げる。今回の決定については、国務院の中で経済政策全体を司る国家発展改革委員会がリード [...]

» 続きを読む

【アメリカ】コカ・コーラ、世界初となる100%植物性由来のペットボトルを開発

Facebook Twitter Google+

 世界を代表する飲料メーカーが、また一つ画期的なサステナビリティ・イノベーションを生み出した。ザ・コカ・コーラ・カンパニー(以下、コカ・コーラ)は6月4日、世界初となる100%植物性由来のペットボトル、「プラントボトル・パッケージ(PlantBottle™)」をイタリア・ミラノで開催された国際博覧会の中で公表した。  「プラントボトル・パッケージ」は植物から採取した天然の糖を完全にリサイクル可能なペットボトル用の原料に変換するという特 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SASB、2014年のアニュアルレポートを発表

Facebook Twitter Google+

 米国のサステナビリティ会計基準を提供しているSustainability Accounting Standards Board(以下、SASB)が5月14日、2014年のアニュアルレポート"Today's Sustainability Challenges Mean Business: Are our markets ready?"を公表した。  同報告書によると、SASBの基準を採用する米国企業の数は順調に増加しており、2014年 [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、2100年までのCO2排出量ゼロ実現に向けた3ステップを提示

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は5月11日、2100年までに世界のCO2排出量ゼロを実現するための道筋についてまとめた報告書、"Decarbonizing Development: Three Steps to a Zero Carbon Future"を公表した。同報告書は現在の政府や企業でも実施可能な政策オプションに焦点を当てており、先進国および発展途上国の政策担当者が、幅広い開発目標を追求すると同時に温室効果ガス排出削減の優先順位を上げる支援を目的 [...]

» 続きを読む

【国際】ヒルトンとWWF、ホテル業界のサステナビリティ推進に向けて提携

Facebook Twitter Google+

 ホテルチェーン大手のヒルトン・ワールドワイド(以下、ヒルトン)は5月12日、事業における環境負荷の削減に向けて3年間に渡り世界自然保護基金(以下、WWF)と提携する発表した。今後、WWFはヒルトンの正式な環境パートナーとして同社の事業をグローバルに支援する。また、ホテル業界の大手であるヒルトンとの協働は、WWFにとってもホテル業界におけるサステナビリティ慣行を推進する上で大きな一歩となる。  世界中に施設を持つヒルトンはこれまでにも [...]

» 続きを読む

【国際】CSR評価の情報源が多い企業ほど評判リスクも高い。CSRHubとRepRisk調査。

Facebook Twitter Google+

 CSRデータ提供大手のCSRHubと、ESGリサーチ大手のRepRiskは5月13日、企業のCSR評価の際に活用できる情報源の多さと、その企業の評判リスクとの間には相関関係があるとする調査結果を公表した。この結果は両社が数年間に渡り収集してきた世界4000社以上の企業データを結合、分析した結果導き出されたものだ。  同調査によると、企業の売上規模や時価総額にかかわらず、サステナビリティ評価の参考となる情報源が多い企業(数多くのSRI [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る