private 【国際】英ヘッジファンド大手TCI、投資先企業に気候変動開示要求。取締役選任への反対を警告

Facebook Twitter Google+

 英ヘッジファンド大手TCI Fund Managementは12月2日、気候変動に関する投資先企業の取締役会へのプレッシャーを高めるため、二酸化炭素排出量を開示しない企業の株主総会での取締役選任選挙で反対票を投じる考えを、投資先企業に通知した。同社の運用資産総額は280億米ドル(約3兆円)。機関投資家の間で気候変動への関心が非常に高まる中、ついにヘッジファンドからも強いコミットメントが出た。  同社は、著名なクリストファー・ホーン氏 [...]

» 続きを読む

private 【国際】株式ヘッジファンドでもESG投資が増加傾向。ESGスコア考慮。BarclayHedgeアンケート調査

Facebook Twitter Google+

 米ヘッジファンド情報ベンダーBarclayHedgeは7月24日、株式ヘッジファンドでのESG投資に関するアンケート調査結果を公表した。6月24日から7月11日まで、ヘッジファンド及びコモディティ取引アドバイザー(CTA)から70人が回答した。  株式投資でESGを考慮しているかとの質問に対しては、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】オルタナティブ投資運用協会、ヘッジファンドでのESG投資のあり方示す。規制当局への注文も

Facebook Twitter Google+

 オルタナティブ投資運用協会(AIMA)は5月1日、英弁護士事務所シモンズ・アンド・シモンズからの協力を得、ヘッジファンドにとってのESG投資のあり方や課題を示した手引書「Responsible Investment Primer」を発行した。ヘッジファンドに対してもアセットオーナーからESG投資を求める声は強まっており、業界団体として見解をまとめた。  AIMAには現在、60ヶ国約2,000社のヘッジファンドや非上場企業投資等の運用 [...]

» 続きを読む

private 【国際】ヘッジファンド投資でもESG戦略需要が増加。クレディ・スイス調査

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手スイスのクレディ・スイスは8月7日、ヘッジファンドの最新動向をまとめたレポートを発表。ヘッジファンドの中でもESG投資が浸透してきていることがわかった。  同レポートは、ヘッジファンドに投資している世界の機関投資家275団体がアンケート調査に答えたもので、ヘッジファンド投資合計額は1.04兆米ドル(約116兆円)。そのうち (さらに…)

» 続きを読む

【イギリス】マン・グループ、共同責任投資ヘッド2名体制に移行。ESG投資商品開発強化

Facebook Twitter Google+

 ヘッジファンド世界大手英マン・グループは7月30日、Jason Mitchell氏を共同責任投資ヘッドに任命した。ESG投資商品開発を強化する。マン・グループは、1783年創業でロンドン証券取引所の上場企業。  同社は、責任投資ヘッドとしてSteven Desmyterを置いていたが、今回2名ヘッド体制へと移行する。Jason Mitchell氏の役割は、投資意思決定プロセスや投資ポリシーにESG観点を組み込み、最高投資責任者(CI [...]

» 続きを読む

【国際】PRI、ヘッジファンド分野のESG投資について初のデューデリジェンス質問票を公表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)は5月11日、機関投資家や運用会社向けに、ヘッジファンド運用分野でのESG投資を実現するためのデューデリジェンス質問票(DDQ)を発表した。PRIがこの分野でのチェックリストを発表するのは初めて。投資アセットクラスにおいては、これまで株式や債券の分野でESG投資手法について議論がされてきたが、不動産投資やコモディティ投資、ヘッジファンドなど他のアセットクラスではまだ普及しているとは言い難い。今回PRIがヘッ [...]

» 続きを読む

【金融】ヘッジファンドとESG投資は両立可能?〜国連責任投資原則(UNPRI)での議論〜

Facebook Twitter Google+

激増するヘッジファンドの投資運用額 (出所)Hedge Funds Research  ヘッジファンドの市場規模は近年大きく成長しています。上に示したグラフの統計によると、世界全体のヘッジファンド運用残高は、サブプライムローン問題が顕在化した2008年に一時減らしたものの、そのあとすぐに上昇に転じ、今ではその市場規模はサブプライムローン以前より遥かに大きくなっています。ヘッジファンドに資金を提供する投資家の顔ぶれも大きく変化しました。 [...]

» 続きを読む
2015/12/06 体系的に学ぶ
ページ上部へ戻る