【日本】環境省、昨年の廃棄物の輸出入状況を公表。輸出は石炭灰。輸入は廃乾電池回収等 

Facebook Twitter Google+

 環境省は5月26日、廃棄物処理法に基づく廃棄物の輸出入の実施状況について、2016年の結果を公表した。廃棄物処理法に規定する手続を経て実際に輸出された廃棄物の量は1,366,316t。前年は1,377,758トンでほぼ同等だった。一方、輸入された廃棄物の量は1,522tで前年の2,060トンを下回った。  輸出された廃棄物の品目は全て石炭灰。輸出元は韓国と香港で、用途は全てセメント製造における粘土代替原料または混和材だった。  一方 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る