Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ブルームバーグ、2016年度サステナビリティ報告書発表。2020年目標の進捗状況公表 2017/05/09 最新ニュース

 金融情報世界大手ブルームバーグは4月21日、2016年度のサステナビリティ報告書「2016 Impact Report」を発表した。同社はサステナビリティ・プログラム「BCause」を掲げ、持続可能なビジネス・金融の推進、慈善活動・エンゲージメント、ダイバーシティ、ウェルネスの分野で2013年に「2020年目標」を設定。今回の報告書では、現状とともに2020年目標達成に向けての進捗状況の発表も行っている。

ブルームバーグの主な2020年目標と2016年の達成状況

テーマ 2020年目標 2016年達成状況
BCauseプログラムを展開する主要拠点数 17 17
2つ以上のBCauseプログラムに参加する従業員割合 75% 49%
1つ以上のBCauseプログラムに参加する従業員割合 90% 90%
プロボノ活動「Impact Accelerator」を実施する主要拠点数 17 20
Impact Accelerator完了プロジェクト数 50 30
「持続可能な金融」サービス提供を実現したアセットクラス数 7 2(株と債券)
二酸化炭素排出量削減(2007年比) 20% -2.6%
ROI 20% 65%
再生可能エネルギー調達割合 35% 1.6% 74%

ブルームバーグの2016年のハイライト

  • 環境・社会・ガバナンス(ESG)データを使用する顧客数が2012年比で2倍以上に増加
  • 世界主要金融機関のジェンダー平等を評価する指標「Bloomberg Financial Services Gender Equality Index(BFGEI)」をリリース
  • 従業員11,000人が、世界74都市1,700団体で合計123,730時間のボランティアに従事
  • 人権キャンペーン財団の「働きがいのある会社」LGBT平等部門に入賞
  • 同社が建設した太陽光発電所2ヶ所、風力発電所1ヶ所が稼働開始

【参照ページ】Bloomberg Publishes 2016 Impact Report
【報告書】2016 Impact Report

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る