【ドイツ】BASF、素材トレンドブックを公開。注目はモルフォロジーとマインドフルネス 2017/06/13 最新ニュース

 化学世界大手BASFは5月29日、化学素材の世界的な業界トレンドをまとめたレポート「Material selection 17/18」を発表した。同レポートの発表は今年で2回目。レポートは、一般公開はされず、BASFの現顧客や潜在顧客にのみ公開された。同レポートの作成にあたっては、同社のデザイン研究・支援機関「designfabrik」に所属するデザイナーが執筆を担当。designfabrikは、ドイツ・ルートヴィヒスハーフェンに本部があり、2014年には東京、その後上海にも拠点を設置している。

 同レポートで発表された化学業界の主なトレンドは、モルフォロジー(高分子材料の形態変化)とマインドフルネスの2つ。モルフォロジーについては、とりわけ自動車業界で発生しており、電気自動車や自動運転自動車への転換にあたり、必要となる化学素材にも変化が見られるという。化学業界は、これらの変化に対応していくことが重要だとした。BASFは、自社の例として、TPU(熱可塑性ポリウレタンエラストマー)からできたフィルムを挙げ、フレキシブルコーティングを施したフィルムを自動車のインテリア等に使用できると考えている。

 一方、マインドフルネスとしては、環境フットプリントを取り上げ、環境フットプリントを削減できる化学素材が重要と成るとした。BASFは例として、植物由来のバイオベース素材を紹介し、現在硬度が強く生分解可能なバイオベース素材を開発しているという。主に輸送パッケージでの使用を検討している。

 BASFのdesignfabrikは、自社以外の企業やデザイナーに対しても素材を提案するサポートをしている。BASFは世界最大の化学メーカーで、サステナビリティを強く意識した経営を行っており、外部にも環境性能を高めていく素材の提案を行っている。

【参照ページ】BASF presents ‘Material Selection 17/18’

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る