private 【国際】カーギル、全サプライチェーンで2030年CO2削減目標設定。SBTi承認も獲得 2020/01/03 最新ニュース

 食品世界大手米カーギルは12月3日、サプライチェーンでの二酸化炭素排出量削減アクションを新たに発表。2030年までに世界中のサプライチェーン全体で、製品重量当たりの二酸化炭素排出量を30%削減する原単位削減目標を設定した。サプライチェーンが多岐に渡る食品業界で、カーギルがついにスコープ3全体での削減目標設定に踏み切った。

 カーギルは2018年2月、2025年までにスコープ1とスコープ2で…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る