private 【アメリカ】アリゾナ州電力APS、2050年までにCO2ゼロ。2031年までに石炭火力全廃 2020/02/01 最新ニュース

 米アリゾナ州電力最大手アリゾナ・パブリック・サービス(APS)は1月22日、2050年までに同社発電の二酸化炭素排出量をゼロにすると発表した。再生可能エネルギーと原子力発電のみの状態を目指す。アリゾナ州は、西部の砂漠地帯にあり、太陽光発電の適地。  同社は現在、発電割合の22%を石炭火力に依存している。同社は中間目標として、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る