private 【ルクセンブルク】政府と金融業界、2025年コミットメント発表。サステナブルファイナンスで世界の中心に 2020/02/03 最新ニュース

 ルクセンブルク政府とルクセンブルク金融業界連盟による官民パートナーシップ「Luxembourg for Finance」は1月28日、同国をサステナブルファイナンスの中心地とするための2025年コミットメントを発表した。

 同コミットメントは6つの内容で構成している。

欧州の中心

 2025年までにEU金融ハブとしての存在感をさらに拡大しにいく。英国EU離脱(ブレグジット)では、金融機関60者以上がルクセンブルクにEU拠点機能をロンドンから移転。EUの資本市場同盟(CMU)政策を支持し、越境取引で不動の地位を目指しにいく。

欧州の中心から世界の中心へ

 2025年までに国際金融の地位を確立しにいく。特にウェルスマネジメント、オルタナティブ投資運用での専門性を磨き、今でも強いファミリーオフィスからの支持をさらに伸ばす。また運用会社を中心に、金融機関グループにとっての、リスクマネジメント、コンプライアンス、規制対応の拠点としての役割も重視する。

サステナブルファイナンスでのリーダーシップ

 2025年までにサステナブルファイナンス市場は数十億米ドルから数兆米ドルにまで伸びると見込み、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る