【アメリカ】アボット、新型コロナの急速検査キット発表。5分で陽性判断。医療現場で検査可能 2020/04/03 最新ニュース

【アメリカ】アボット、新型コロナの急速検査キット発表。5分で陽性判断。医療現場で検査可能 1

 米製薬大手アボットは3月27日、医療現場でリアルタイムで実施できる新型コロナウイルス検査キット「Abbott ID NOW COVID-19」を開発したと発表した。陽性反応は5分で、陰性反応は13分で結果が出る。現在の検査では数時間かかるものが一般的。

 今回の検査薬は、アボットの検査機器「ID NOW」上で行うタイプ。検査キットは、小型トースターと同じぐらいのサイズで重量も3kgと持ち運びできる。米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)をすでに得、実地利用が可能となった。

 アボットの今回の検査機器は、2014年に投入した「ID NOW Molecular Platform」を基に開発された。同機器は、医療現場でインフルエンザやRSウイルスの検査を医療現場で実施できるものとして米国中で使われている。

 アボットは3月18日、病院や研究所で使われている同社の検査機器「m2000™ RealTime System」を活用して新型コロナウイルスの検査が実施できる「Abbott RealTime SARS-CoV-2 EUA」を発表し、全米の病院等15,000ヶ所に配送したと発表したばかり。今回の新型検査キットとあわせ毎月500万兼の検査を実施できる体制を整えにいく。

【参照ページ】ABBOTT LAUNCHES MOLECULAR POINT-OF-CARE TEST TO DETECT NOVEL CORONAVIRUS IN AS LITTLE AS FIVE MINUTES

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る