private 【日本】LINE、メルカリ、警視庁等、ネット上のトラブル回避でLINEアカウント開設。主に大学生向け 2020/09/04 最新ニュース

 LINE、メルカリ、警視庁サイバーセキュリティ対策本部、中央大学の4者は8月26日、主に大学生をターゲットとしたネット上でのトラブル回避のためのLINE公式アカウント「CYBER POLICE」を共同開設した。サイバー関連犯罪や誹謗中傷、デマ情報の拡散等を防ぐため、大学生が情報リテラシーをつけていくことを目的としている。大学生以外でも登録できる。

 今回発表の4者は、2019年12月に「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を締結しており、今回具体的なアクションとして公式アカウントの開設を行った。

 同アカウントでは、警視庁からサイバー犯罪などの注意喚起を一斉配信。さらに、警視庁からサイバー関連犯罪やトラブルに対する対処法、中央大学はサイバーセキュリティを大学で学ぶ場合の情報、メルカリはフリマアプリを安心安全に使うための情報、LINEからはSNS利用の心得としてネットリテラシーに関する情報も提供していく。

 また、オプトイン方式で、サイバー犯罪情報、サイバーセキュリティ教育に関する情報、SNSの利用に関する情報、フリマアプリの安全利用に関する情報のカテゴリーでの情報も配信していく。

 LINEやメルカリは、これまでもオフラインでの啓蒙活動を実施してきたが、新型コロナウイルス・パンデミックにより、オンライン化での啓蒙活動の必要性も感じていたという。

【参照ページ】LINE、メルカリ、警視庁、中央大学が連携し、ネット上でのトラブル回避などの啓発を行うためのLINE公式アカウント「CYBER POLICE」を開設

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る