【デンマーク】大学年金基金、中国政府ダイベストメント決定。人権侵害が理由 2020/10/02最新ニュース

【デンマーク】大学年金基金、中国政府ダイベストメント決定。人権侵害が理由 1

 デンマークの大学教職員向け職域年金基金AkademikerPensionは9月23日、中国政府が6月30日に香港国家安全維持法を制定したことや、新疆ウイグル自治区での強制収容所等の人権侵害を理由とし、投資運用から中国政府を除外することを全会一致で決議した。同様の決定を行った年金基金はデンマークでは初。

 今回の決定により、同年金基金が保有していた中国政府の国債及び関連株式合計4億デンマーククローネ(約66億円)は強制的に売却されることとなった。

 同年金基金は、旧基金名「MP Pension」の頃から、国家に対するダイベストメントを実施してきた過去がある。これまでにサウジアラビア、タイ、イランなども対象となった。

【参照ページ】AkademikerPension ekskluderer Kina

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links