private 【国際】アマゾン、自社ブランド製品で化学物質とプラスチック素材の禁止リスト発表。リサイクル観点も 2020/12/16 最新ニュース

 IT世界大手米アマゾンは12月1日、アマゾン自社ブランド「Amazon Kitchen」で、プラスチック製食品包装・容器や消費財製品で、特定の化学物質の使用を禁止する利用規約を発表した。同社は化学物質規定を2018年から設けており、今回の決定もその改定作業の一つ。

 今回Amazon Kichenブランド製品での食品包装・容器で使用が禁止された化学物質は、PFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)、フタル酸エステル、BPA(ビスフェノールA)等のビスフェノール、プラスチックポリ塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)、発泡ポリスチレン(EPS)、ポリ塩化ビニリデン、ポリカーボネート、ポリヒドロキシアルカノエート、剛構造でのポリ乳酸等。

 PFASやフタル酸エステル、ビスフェノール等は有害性の観点から、PVCやPS等はリサイクルが困難という観点から禁止された。

 また同様に、北米とEUで取り扱っている自社ブランドのベビー用品、清掃関連製品、パーソナルケア、化粧品の製品での使用禁止物質のリストも改訂された。

 今回のルールは、EコマースサイトAmazonだけでなく、Amazon Go等のリアル店舗にも適用される。

【参照ページ】Chemicals and Restricted Substances

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る