private 【アメリカ】シェル、LanzaJetへ追加出資。ATJ技術実践工場の製造へ投資、SAF生成を促進 2021/04/09 最新ニュース

 米持続可能な航空燃料(SAF)製造LanzaJetは4月6日、エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルからの追加出資を受けると発表した。LanzaJetは、米カーボンリサイクルLanzaTechからスピンオフした企業。各社から段階的に出資を募っている。

 LanzaJetは、LanzaTechと米エネルギー省パシフィック・ノースウェスト・ナショナル・ラボラトリー(PNNL)との協働で2020年に発足。同社への初期出資には、ロイヤル・ダッチ・シェル、ブリティッシュ・エアウェイズ、サンコー・エナジー、LanzaTech等が参画。日本企業では、三井物産と全日本空輸が出資している。

 LanzaJetは現在、アルコールからジェット燃料を生産する「Alcohol to Jet(ATJ)」技術の実証工場を、米ジョージア州ソパートンに建設中。シェルは今回、同設備投資に向けた追加出資の機会を得た形。

 同工場では、LanzaTechのカーボンリサイクル技術を活用。廃エタノールの90%を持続可能な航空燃料(SAF)、10%を再利用可能なディーゼル燃料として生成する。SAFには、化石燃料由来のジェット燃料を混ぜる想定。ATSM International(米国試験材料協会)からは、最大50%まで化石燃料を混合することを承認されている。

 同燃料は、ライフサイクル全体での二酸化炭素排出量を、従来の化石燃料比で70%以上削減可能。同燃料の給油にあたり、航空機やエンジン、インフラへの改修は不要だという。同社は、エタノールは、低炭素、廃棄由来、非可食等、汎用性が高いと強調した。

【参照ページ】Shell Invests in LanzaJet

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る