【EU】ECB、気候変動は金融システミックリスク招くおそれありと発表。特別レポート発行

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)は5月29日、気候変動が金融の安定性にもたらす悪影響及びユーロ圏金融機関の気候変動リスクを分析した結果を発表した。入手できるデータには制約があるとしつつも、とりわけ価格設定が正しく気候変動リスクを織り込まなければ、気候変動関連リスクはユーロ圏の金融にとってのシステミックリスクとなる可能性があると示した。  今回の分析は、 (さらに…)

» 続きを読む

【EU】欧州中央銀行、2019年リスク・ドライバー・マップ発表。気候変動リスクもマップ入り

Facebook Twitter Google+

 欧州中央銀行(ECB)は11月1日、ユーロ圏の金融監督当局に対し、金融機関監督で考慮すべきリスク・ドライバー・マップの2019年版を示した。2019年版では、重大なリスクと主要リスク・ドライバーとして、「地政学的不確実性」「不良債権」「サイバー犯罪・ITディスラプション」を挙げた。また、気候変動リスクが始めてリスクマップに登場した。  リスク・ドライバー・マップは、今後2、3年以内の金融システム全体のリスクをまとめたもの。EUの重要 [...]

» 続きを読む

【国際】欧州中央銀行や金融庁、気候変動リスクに係る金融当局ネットワークNGFSに加盟

Facebook Twitter Google+

 気候変動に関する金融リスクを検討するための中央銀行・金融当局ネットワーク「気候変動リスクに係る金融当局ネットワーク(Network for Greening the Financial System;NGFS)」は5月29日、新たに4カ国が加盟した。金融庁も6月4日に加盟した。  NGFSは当初、英イングランド銀行、ドイツ連邦銀行、フランス銀行、オランダ銀行、スウェーデン金融監督機関、中国人民銀行、シンガポール通貨金融庁、メキシコ銀 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る