【2/26・東京 セミナー】COP21パリ協定の意味と世界の企業の動き~日本企業はどう動くべきか? ~ 2016/02/02 行動する

COP21パリ協定の意味と世界の企業の動き ~日本企業はどう動くべきか?~
WWFの気候変動オフィサーに聞く、COP21の現場と企業動向

先月開催されたCOP21では、2020年から実施を目指す新たな枠組み、「パリ協定」が採択されました。この協定では、今世紀後半までに世界全体の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにするという目標に向けて、すべての国と地域が参加することになった、歴史的な協定といえます。

今回の企業向けフォーラムでは、パリから連日会議の進行を日本にレポートしてくださっていた、WWFジャパンの小西雅子さまをゲストにお迎えし、国際交渉の実際の現場のようすや、パリ協定が企業にとってどのような意味を持つかなどについて、お話しいただきます。

温暖化をめぐる世界の動向や産業界の動きを学びつつ、パリ協定を受けて、日本の企業としてどのように考えていくべきか、何をすべきかについて、参加者の皆さまとともに考え、議論してまいります。来年度の環境CSR活動を考えるためにも重要なこの機会を、どうぞお見逃しなく。
みなさまのご参加をお待ちしています。

【概要】
◆日 時:2016年2月26日(金)13:30~17:00(予定)

◆会 場:東京都中央区(お申込みの方に個別にご連絡させていただきます。)

◆参加費:8,200円(税込/おひとりさまあたり)

◆対 象:環境・CSR・IR・経営企画ご担当者さま

◆主 催:イーズ未来共創フォーラム(有限会社イーズ)

◆ゲストスピーカー:WWFジャパン 自然保護室 室次長 兼 気候変動・エネルギープロジェクトリーダー 小西 雅子 さま

◆ファシリテーター:東京都市大学環境学部 教授/有限会社イーズ 枝廣淳子

◆お問合せ・詳細はこちら

有限会社イーズ 事務局 館岡 info-partner@es-inc.jp

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る