【台湾】台湾証券取引所、上場企業向けにコーポレート・ガバナンスとCSR推進を呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 台湾証券取引所(TWSE)および台北エクスチェンジ(TPEx)は9月3日、上場企業向けに初めてインテグリティ・リスクおよびCSRに関するセミナー、“New Perspectives on Corporate Integrity Risk and Corporate Social Responsibility”を開催したと公表した。セミナーにはTWSEおよびTPExに上場している企業の経営幹部ら300名以上が集まった。  セミナー当日 [...]

» 続きを読む

【インド】Mahou San Miguel、井戸建設を通じ従業員教育と地域貢献を実現

Facebook Twitter Google+

 スペインのビール大手Mahou San Miguelは、インド国内の最も乾燥した砂漠地域Churuの村に井戸を建設するプログラム“Mójate por el Agua en India”を進めている。既に、2,700名以上の従業員により10の村で30もの井戸が完成した。  同社は1年前から、Churuに近接したRajasthanに生産拠点を置き操業を開始している。プロジェクトの目的は、南アジアのこの地域で水資源が不足していることを従 [...]

» 続きを読む

【台湾】CSRアワード、「2015年 天下企業公民賞」が発表

Facebook Twitter Google+

 台湾での代表的なCSRアワードである「天下企業公民賞」を毎年発表してきた天下雑誌社は8月19日、台湾の馬英九総統(大統領に相当)も参加する中、2015年の天下企業公民賞の発表会を行った。2007年から開始している同賞の表彰も今年で9回目を数えた。  天下企業公民賞は4部門に分かれて表彰される。売上100億台湾ドル(約370億円)超の大企業部門、売上50億台湾ドル(約185億円)超の中堅企業部門、売上50億台湾ドル以下の小企業部門、そ [...]

» 続きを読む

【中国】天津爆発事故、不動産企業らが連携し損壊家屋を買取りへ

Facebook Twitter Google+

 8月12日に天津港で発生した大爆発事故、2015年天津浜海新区倉庫爆発事故。爆発により、多くの建物や家屋が倒壊・損壊した。その対応として8月下旬、天津の地場不動産企業である天津不動産グループ、天津泰達投資ホールディングス、天津住宅建設発展、天津海泰ホールディングス、天津天保ホールディングスの5社は、「天津不動産企業社会責任連盟」を自主的に創設。法律に従い、住民が売却を希望する家屋を購入し、リフォームして再販売する計画を発表した。この [...]

» 続きを読む

【中国】持続可能な発展CEO円卓会議、市場の力でエコ化を促進

Facebook Twitter Google+

 8月22日と23日、中国を代表する経済フォーラムである「中国トップ500企業サミットフォーラム」が広西省安寧市で開催された。主催者は中国企業連合会と中国起業家協会の共催。500企業の売上総額は59.48兆元(約1,100兆円)にともなり、500企業のうち94企業は世界トップ500企業にも名を連ねる。今年度のフォーラムでは、サステナビリティのテーマもクローズアップされ、「持続可能な発展CEO円卓会議」が開催、専門家らは「新常態・新機会 [...]

» 続きを読む

【中国】BMW、200台の高級車を「中国アラブ諸国博覧会」に提供

Facebook Twitter Google+

 今年9月10日に中国寧夏市で行われる「2015年中国アラブ諸国博覧会」。BMWグループは8月21日、この博覧会にBMW7シリーズ150台とBMW5シリーズGT50台を提供することを発表した。博覧会期間中に各国の出展者を対象としたプレミア交通サービスを提供するという。また、BMW5シリーズ、BMW X1型完全装甲警察車両の提供も行い、BMWグループの警備車と安全防御領域でのイノベーションを披露する。  アラブ諸国は、中国の経済戦略の柱 [...]

» 続きを読む

【インド】世界初、インドで太陽光のみで全電力を賄う空港が誕生

Facebook Twitter Google+

 インド南部のケララ州にあるコーチン国際空港(以下、CIAL)は8月、世界で初めて空港運営に必要となる全電力を太陽光発電だけで賄うことに成功した。同空港は「持続可能な発展」という考えを強く支持し、2013年3月に到着便ターミナルの屋上に100キロワットの太陽光パネルの設置を開始して以降、持続可能な空港を目指して積極的に電力のグリーン化に取り組んできた。  今回CIALは新たに空港内の約18万平方メートルの敷地に合計46,150枚の太陽 [...]

» 続きを読む

【中国】中国では大気汚染により毎日4,000人が死亡。バークレー・アース調査

Facebook Twitter Google+

 米国の気候変動に関する非営利研究機関、バークレー・アースが8月14日に発表した研究結果によると、中国では全人口の38%が米国の基準で「健康によくない」とされる大気にさらされており、大気汚染によって一日に平均4000人(年間約160万人)が死亡しており、中国における死亡者数の17%に相当しているという。  バークレー・アースが公表した報告書によると、大気汚染の中でも最も有害な汚染物質は2.5ミクロン以下の微粒子物質「PM2.5」で、P [...]

» 続きを読む

【ランキング】Inno CSR アジアCSRランキング[2014-2015版]

Facebook Twitter Google+

 上海を拠点とし北東アジア地域でのCSRネットワーキングプラットフォーム"Wegoodit"を運営するInnoCSRは8月12日、CSRコンサルティングを施す社内機関"Inno Global Institute" (IGI) を通じ、第1回となる「Inno CSR アジアCSRランキング[2014-2015版]」を発表しました。  ランキングでは、共通の尺度で、日本、中国、韓国、ASEAN5地域の企業のCSRを評価。日本企業トップ25 [...]

» 続きを読む
2015/08/24 体系的に学ぶ

【インドネシア】APP、世界初となる熱帯泥炭地の保護に向けて商業植林地の操業停止へ

Facebook Twitter Google+

 インドネシアの紙パルプ製造大手、アジア・パルプ・アンド・ペーパー(以下、APP)グループは8月13日、現在危機的状況にある泥炭地の保全を目的として約7,000ヘクタールにおよぶ高炭素泥炭地における商業植林地の操業を停止すると発表した。環境保全を目的とした操業停止としては世界初の事例となる。  インドネシアにおける泥炭地開発は、世界最大の温室効果ガス排出要因の一つとなっている。今回のAPPによる撤退は、2020年までに温室効果ガス排出 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る