【ミャンマー・ウガンダ・パキスタン】SNS企業多数加盟のGNI、ネット人権侵害で政府を批判

Facebook Twitter Google+

 表現の自由・プライバシー保護推進の国際イニシアチブ「グローバル・ネットワーク・イニシアティブ(GNI)」は1月下旬から2月上旬にかけ、ミャンマー、ウガンダ、パキスタンで発生している当局による表現の自由抑圧に対し、重大な懸念を表明した。政府とオンラインコミュニティの関係を巡る、新たな政治問題が多発している。  GNIは、インターネット環境での表現の自由やプライバシーの分野で活動している国際NGOで、企業も多数加盟している。主要加盟企業 [...]

» 続きを読む

private 【パキスタン】カーギルとイスラム金融フィンテックRizg、画期的なフードバンクを創設。飢餓根絶目指す

Facebook Twitter Google+

‎  食品世界大手米カーギルと英イスラム金融フィンテックRizqは1月13日、食糧危機に陥っているパキスタンを救済するため、特に食糧難が申告な首都カラチのリヤリ地区に、フードバンク・ネットワーク「Cargill RizqBank」を創設すると発表した。年間約20万食の供給で、飢餓の根絶を目指す。  Cargill RizqBankは、 (さらに…)

» 続きを読む

【パキスタン】IFCとGAP、委託先工場のサステナビリティ改善で協働。GAPの競争力向上に貢献

Facebook Twitter Google+

 国際金融公社(IFC)とアパレル大手米GAPは10月4日、パキスタンにあるGAPの生産委託先工場での資源効率と長期的サステナビリティ改善に取り組むことで合意した。IFCがGAPの委託先工場の資源効率を評価し、水、エネルギー、化学物質等の資源の削減に助言を行う。GAPにとっては、競争力とサステナビリティ向上の効果が期待されている。  今回の合意は、IFCが進める民間企業での資源効率向上に向けた施策の一環。パキスタンは、アパレル業界がG [...]

» 続きを読む

【パキスタン】安全な水を供給する「水ATM」を導入へ

Facebook Twitter Google+

 人口の35%が安全な水にアクセスできないパキスタンで、革新的なプロジェクトが進んでいる。それは、お金ではなく水を引き出すことができるATMの設置だ。取り組んでいるのはClean Water CompanyとInnovations for Poverty Alleviation Lab(以下、IPAL)で、パキスタンの水アクセス問題を改善するべく、革新的な「水ATM」導入に向けて着々と準備を進めている。太陽光を電力源とし、カードを使っ [...]

» 続きを読む

【パキスタン】Naya JeevanがBusiness Call to Actionに参加

Facebook Twitter Google+

ミレニアム開発目標(MDGs)の達成を促進することを目的とした企業や援助機関の集まるグローバルなネットワークであるBusiness Call to Action(BCtA)は、パキスタンの社会的企業Naya Jeevaを新たにメンバーとして登録すると発表した。登録に際して、Naya Jeevanは2015年までにパキスタンの39,000人以上の低収入労働者に安価で高品質のヘルスケアサービスを保証することを達成目標として掲げている。同社 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る