【インタビュー】レスポンスアビリティ足立氏「自然資本会計の最前線~World Forum on Natural Capital 2015~」

Facebook Twitter Google+

自然資本をめぐる世界の流れ  近年、世界のサステナビリティ関係者らの間で注目を集めているのが「自然資本(Natural Capital)」という概念だ。「自然資本」とは、水や土壌、森林、生物など、我々の生活や事業活動に必要なあらゆる生態系サービス(フロー)を生み出しているストックのことを指す。  事業を継続・発展させるためには生態系サービスの利用が不可欠だが、自然資源は再生可能だが有限である。ストック(自然資本)である生態系が生み出す [...]

» 続きを読む

【日本】改訂ISO14001は生物多様性に取り組む絶好の機会。JBIBがシンポジウム開催

Facebook Twitter Google+

 生物多様性の推進に取り組む国内企業によるイニシアティブ、JBIB(一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ)は12月10日、ISO14001と生物多様性に関するシンポジウム「改訂ISO14001:生物多様性の対応はこうする~生物多様性の先進企業からの提案~」を開催した。当日は国内大手企業の環境・CSR担当者らをはじめ、行政関係者、NGO、ISO関係者ら120名以上の参加者が集まった。  JBIBは2008年に設立された企業イニシア [...]

» 続きを読む

【インタビュー】レスポンスアビリティ足立氏「今、アジアで話し合われていること」

Facebook Twitter Google+

 今年の10月、マレーシアの首都クアラルンプールにおいてCSR・サステナビリティに関するグローバルカンファレンスが2つ開催されました。一つは10月7日~8日にかけて行われた「CSR Asia Summit 2015」、もう一つは10月12日~13日にかけて行われた「Sustainable Brands 2015 Kuala Lumpur」です。  最近ではアジアで大規模なCSRカンファレンスが開催されるケースが増えてきており、世界全体 [...]

» 続きを読む

【8/27・東京 研修】企業と生物多様性、 正しく効果的に取り組むための一日研修

Facebook Twitter Google+

予備知識ゼロからでも、一日で自社と生物多様性の関係性がわかる!改訂 ISO14001の課題設定もこれで万全 「企業と生物多様性、正しく効果的に取り組むための一日研修」 あなたの会社では「生物多様性」にどのように取り組んでいますか? GRI G4やISO26000に続き、9月に改訂されるISO14001でも生物多様性が主要な課題として取り上げられるようになりました。国内外の先進企業は既に、自社の事業活動と生物多様性の関係性をしっかりと把 [...]

» 続きを読む

【8/14 東京・研修】少人数限定!「環境マテリアリティ特定 一日研修」

Facebook Twitter Google+

少人数限定! 環境マテリアリティ特定 一日研修 ~環境マテリアリティの特定手法が一日で学べます!~ 《あなたの会社の「自然資本インパクト分析」付き》  GRI G4への対応は順調でしょうか?サプライチェーンまで含めた定量的な環境インパクトデータを元に、自社とサプライチェーンのマテリアリティを特定する方法を一日で身につけるための研修を開催いたします。  自社内でマテリアリティ特定のプロセスをオーガナイズするための手法が身につくだけではな [...]

» 続きを読む
2015/07/16 行動する

【日本】持続可能なパーム油の調達セミナー、RSPO認証に高い関心

Facebook Twitter Google+

 世界には環境から人権にいたるまで様々なサステナビリティ課題が存在しているが、近年東南アジアにサプライチェーンを抱えるグローバル企業の間で特に関心が高まっているのが、パーム油をめぐる課題だ。パーム油は多くの食品や消費財の原料として利用されているが、マレーシア、インドネシアなどではグローバル企業のサプライヤーによるパーム油の調達慣行が大きな問題となっている。  なぜなら、パーム油の調達はパーム畑で働く地域住民らの労働問題や強制移住などの [...]

» 続きを読む

【日本】「非財務情報開示の最先端の動向を探る」セミナー、CSR担当者ら高い関心

Facebook Twitter Google+

 生物多様性・CSRコンサルティングを手がけるレスポンスアビリティは4月15日、自然資本会計を推進する英国Trucost社およびインドのサステナビリティコンサルティングGIST Advisory社と共同で「非財務情報開示の最先端の動向を探る」セミナーを開催した。  非財務情報開示については既に海外ではEUを中心に以前から多くの取り組みが行われていたが、2013年には統合報告フレームワーク推進団体のIIRCが<IR>>レーム [...]

» 続きを読む

【4/14 東京・CSRセミナー】緊急セミナー「非財務情報開示の最先端の動向を探る」が開催!

Facebook Twitter Google+

非財務情報開示の最先端の動向を探る~企業は非財務情報開示の波にどう向き合うのか?~ GIST Advisory、Trucost、レスポンスアビリティ共催 この1、2年の間に、世界全体で、企業の非財務情報に関する動きが加速しています。欧州では、非財務情報開示の義務化、日本では日本版スチュワードシップコードやコーポレートガバナンス・コード、国際的には統合報告フレ-ムワークやGRI G4などが次々に出揃いました。 そのような中、企業はどう対 [...]

» 続きを読む

【4/21 東京・CSRセミナー】「実践! 持続可能なパーム油調達セミナー」が開催!

Facebook Twitter Google+

今年こそ、認証パーム油の調達に着手したいあなたへ  環境への影響に配慮した持続可能なパーム油を求める世界的な潮流を受け、ここ数年でRSPOに加盟する企業は飛躍的に増えました。しかし、認証制度自体が若く、サプライチェーンの対応にもまだ多くの課題を抱える中、認証油の調達体制を整えるためのハードルは必ずしも低いとはいえません。  RSPOの認証パーム油に関心はある。何かしなければいけないと考えているが、どこから手をつけていいかわからず、なか [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る