private 【国際】栄養アクセス・インデックスATNIの2021年ランキング、ネスレが首位。明治は12位タイ

Facebook Twitter Google+

 オランダNGO栄養アクセス財団(ATNF)は7月1日、食品大手の栄養に関する経営レベルのランキング「栄養アクセス・インデックス(Access to Nutrition Index:ATNI)」の2021年度結果を発表した。日本企業も3社が対象となった。  ATNIの発表は、 (さらに…)

» 続きを読む

【日本】厚労省、健康のための持続可能な食環境づくりで報告書発表。夏には評価検討組織発足

Facebook Twitter Google+

 厚生労働省は6月30日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向け、自然に健康になれる持続可能な食環境づくりの推進に向けた産学官当連携の在り方を示した報告書を公表した。  同報告書は、2月に発足した「自然に健康になれる持続可能な食環境づくりの推進に向けた検討会」の成果物。同検討会には、当Sustainable Japanの夫馬賢治・編集長(株式会社ニューラルCEO)も構成員として招聘された。  同報告書では、重要な栄養課題として [...]

» 続きを読む

private 【アメリカ】カーギル、FDAから食品添加物EpiCorの安全基準合格証取得。ポストバイオティクス

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手米カーギルは5月20日、同社製造の食品・飲料に使用するポストバイオティクス製品「EpiCor」について、米連邦医薬品局(FDA)から安全基準合格証「GRAS」を取得したと発表した。GRASとは、食品添加物に与えられる安全基準合格証で「一般に安全と認められる」の略語。  ポストバイオティクスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ネスレ、食品栄養基準強化へ。栄養アクセス・インデックスATNIでの評価体系を意識

Facebook Twitter Google+

 食品世界大手スイスのネスレは5月31日、同社の栄養・健康戦略を見直す検討をしていることを明らかにした。英紙フィナンシャル・タイムズが5月31日、リークされた同社の内部文書で、同社の内部調査の中で同社製品の60%以上が、世界的に有名なオーストラリアのHealth Star Rating(HSR)の評価で3.5未満であることが発覚したと報じていた。HSRは、国際的な栄養インデックス「ATNI(栄養アクセス・インデックス)」でも活用されて [...]

» 続きを読む

【日本】コカ・コーラ・ボトラーズ・ジャパン、2023年1月から敷地内全面禁煙を敢行。健康経営の一環

Facebook Twitter Google+

 コカ・コーラ・ボトラーズジャパンは6月1日、健康経営の一環として、当社グループに所属する全社員を対象に、2023年1月から屋内外を問わず会社敷地内での全面禁煙を実施すると発表した。敷地内での全面禁止は異例。社員の禁煙開始もサポートする。  同社は、社員一人ひとりが自律的な健康保持・増進活動を行うようにする「健康宣言」を発表し、禁煙もその重要な要素と判断した。同社は2020年1月から就業時間内の禁煙をルール化し、休憩時間中のみ屋外喫煙 [...]

» 続きを読む

【国際】WELL認証のIWBI、戸建住宅の認証策定作業開始。世界中から専門家招聘

Facebook Twitter Google+

 健康ビルディングWELL認証管理団体米IWBIは5月18日、戸建住宅を対象としたWELL認証の策定に向け、「WELL住宅アドバイザリー」組織を発足した。世界中の戸建住宅を対象とするため、世界各地から策定委員を招聘した。  現在WELL認証は、集合住宅不動産についてはすでに対象としているが、戸建住宅については未策定。日本からは、グリーンビルディングジャパンの浦島 茂・共同創業者が委員として入る。他にも、米国、中国、台湾等からも委員が選 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】アマゾン、全フルタイム従業員にメンタルヘルスサポート提供開始。無償で専門家と面談も

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは5月20日、米国のフルタイム従業員とその家族及び同居者を対象に、メンタルヘルスや日常生活支援サポートプログラムを開始すると発表した。平日・休日ともに、直接面談、電話、動画、SNS等で24時間体制で対応する。メンタルヘルスに誰もがアクセスできるようにすることで、職場のメンタルヘルス問題対策を行う。  米メンタルヘルス対策NGOのメンタルヘルス・アメリカによると、米国では2020年にメンタルヘルスに人が2,600 [...]

» 続きを読む

【日本】ヤフー、社員食堂で「揚げ物税」導入。社員の脂質摂取過多を防止。健康経営の一環

Facebook Twitter Google+

 ヤフーは10月8日から、社員食堂「BASE11」で「揚げ物税」を導入した。社員の脂質摂取過多を防止するため揚げ物料理の一部を100円値上げし、その値上げ分を原資として魚料理を150円値下げ。LDLコレステロールを減らす働きがあるとされるDHAやEPAを多く含む魚料理への転換を促す。  同社では、社員がランチで、脂肪エネルギー比率が推奨基準の25%より高い約30%となる傾向にあり、全体的に脂質が多く含まれる揚げ物料理を食べる社員が多い [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る