private 【国際】CDP、世界の都市自治体に気候変動対策強化要請。国や県の強力も必要。SailGPはスポーツ界から援護

Facebook Twitter Google+

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは10月5日、地方自治体での気候変動対策の動向を分析したレポートを発表した。都市、州、地域、政府、企業間の協力がますます不可欠になっていると伝えた。  同レポートは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】経済界リーダー150人以上、世界全体での死刑制度廃止で共同声明。もはや黙認できず

Facebook Twitter Google+

 グローバル経済界のリーダー150人以上は10月7日、10月10日の「死刑反対世界デー」の前に、世界全体での死刑廃止のためのグローバルキャンペーン「死刑反対ビジネスリーダーキャンペーン」への支持を表明した。同キャンペーンは、ヴァージングループの創業者リチャード・ブランソン氏と、「正義のための責任あるビジネス・イニシアチブ」が2021年初頭に発足した。経済界リーダーからの死刑反対キャンペーンは今回が初。  署名した企業は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

private 【国際】ICGN、「グローバル・ガバナンス原則」改訂。ダイナミック・マテリアリティ採用

Facebook Twitter Google+

 コーポレートガバナンス推進の国際機関投資家団体ICGNは9月、「ICGNグローバル・ガバナンス原則」を改訂した。公式日本語訳版も発行された。同原則は、2001年に策定されて以降、グローバルでのコーポレートガバナンスの規範となってきた。前回の改訂は2017年。その後、新型コロナウイルス・パンデミックも発生し、再度内容が見直された。  今回の改訂では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】リチウム電池サプライチェーン・ランキング、日本は2位から8位へ大幅転落。BNEF調査

Facebook Twitter Google+

 英エネルギーデータ大手ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(BNEF)は10月8日、世界のリチウム電池サプライチェーンの国別ランキングの2021年版を発表した。中国が昨年に引き続き首位となったが、国別ではなく欧州全体でみれば欧州が1位。バイデン政権となった米国は6位から2位へと順位を上げた。  同ランキングは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】東京栄養サミット協力5団体、食料・農業関連企業にコミットメント発表要請

Facebook Twitter Google+

 持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)、コンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)、国際食品・飲料アライアンス(IFBA)、フード・インダストリー・アジア、栄養改善事業推進プラットフォーム(NJPPP)の5団体は10月8日、企業に対し、栄養課題へのコミットメントを発表するよう要請する共同声明を発表した。栄養アクセス・イニシアチブ(ATNI)とGlobal Alliance for Improved Nutrition( [...]

» 続きを読む

private 【国際】2021年食料・農業ベンチマーク、350社のSDGs評価。日本企業33社は上位に入れず

Facebook Twitter Google+

 ビジネスの国連持続可能な開発目標(SDGs)推進国際NGOのWorld Benchmarking Alliance(WBA)は9月21日、農業・食料サプライチェーン世界大手350社のサステナビリティを評価した初のランキング「食料・農業ベンチマーク(Food and Agriculture Benchmark)」の2021年版結果を発表した。日本企業も33社が対象となった。  WBAの評価は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】136ヶ国・地域、OECD/G20の最低法人税率15%及びデジタル課税に最終合意。画期的

Facebook Twitter Google+

 経済協力開発機構(OECD)は10月8日、136ヶ国・地域の政府が「経済のデジタル化で生じる税課題に対処するための二本柱の解決策に関する声明」に署名したと発表した。これにより、国際税制の大幅な改革が最終合意に達した。OECDは7月にも合意を伝えていたが、最終的に6ヶ国・地域増え、136ヶ国・地域となった。 【参考】【国際】G20/OECDのBEPS枠組み130ヶ国地域、デジタル課税と法人税15%以上で合意。9ヶ国・地域は未加盟(20 [...]

» 続きを読む

【国際】WHO、マラリアワクチンを初承認。コロナワクチン接種でも新戦略。J&Jはエボラワクチンで成果

Facebook Twitter Google+

 世界保健機関(WHO)は10月6日、WHO史上初めて、マラリアワクチンを承認した。サハラ以南のアフリカおよびマラリア感染率が中程度から高程度の地域の子供を対象に、マラリアワクチン「RTS,S/AS01(RTS,S)」の広範な使用を推奨した。  同ワクチンは、1980年代にグラクソ・スミスクライン(GSK)の研究者が開発に成功し、米ウォータリード陸軍研究所とともに大成させた。2015年7月には、欧州医薬品庁(EMA)で史上初めて使用が [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る