private 【国際】アマゾン、総額5.4億円の臨時ボーナス支給。一人当たり150ドルから500ドル

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米アマゾンは6月29日、新型コロナウイルス・パンデミックでの需要急増に報いるため、現場の従業員及び一部契約社員に対し、総額5億米ドル(約5.4億円)の臨時ボーナスを6月に支払うと発表した。  アマゾンは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】欧州委とグローバル・シチズンの新型コロナ医薬品アクセス活動、資金募集額が総額1.9兆円に

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会と国際NGOグローバル・シチズンは6月27日、新型コロナウイルス・パンデミックで発展途上国での治療薬、検査薬、ワクチンへのアクセスを高める国際キャンペーン「Global Goal: Unite for our Future」において、メディアを通じたイベントを開催。61.5億ユーロ(約7,000億円)の資金獲得に成功したと発表した。  「Global Goal: Unite for our Future」は、 (さらに&h [...]

» 続きを読む

【国際】ギリアド、先進国向け新型コロナ治療薬レムデシビルの販売価格を1回390米ドルに設定

Facebook Twitter Google+

 米製薬大手ギリアド・サイエンシズは6月29日、新型コロナウイルス感染症の治療薬レムデシビルの販売価格を発表した。レムデシビルに対しては、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が6月25日、酸素吸入が必要な12歳以上の肺炎患者への使用を条件付きで認可する製造販売承認(CMA)を出しており、販売が始まる。 【参考】【EU】欧州医薬品庁、レムデシビルの条件付製造販売を認可。新型コロナ治療薬として初(2020年6月30日)  販売 [...]

» 続きを読む

private 【国際】マイクロソフト、営業戦略を見直しオンライン化に大規模シフト。店舗閉鎖で480億円計上

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米マイクロソフトは6月26日、新型コロナウイルス・パンデミックを機に営業停止状態にある店舗について、閉鎖も検討した上で、リテールを全面的にオンライン化にシフトする戦略を発表した。営業停止状態でもオンラインでのサービスが実現したことを受け、オンライン化に踏み切る。  今回の発表では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】中国発の世界最大手ゲイ向けマッチングアプリBlued、ナスダックIPOで91億円調達見込み

Facebook Twitter Google+

 世界最大のゲイ向けマッチングアプリ「Blued」運営の中国BlueCity Holdings(藍城兄弟文化伝媒)は7月1日、米ナスダックに米国預託株式(ADS)の形で上場準備を進めている中、今回のIPOで8,500万米ドル(約91億円)を調達すると発表した。売出し価格は1株15米ドルから17米ドルの間。レンジの中間値で計算すると時価総額は6億1,400万米ドル(約660億円)となる。  BlueCity Holdingsは、 (さら [...]

» 続きを読む

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、「SDG Index & Dashboards 2020」発表。日本17位

Facebook Twitter Google+

 独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は6月30日、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2020年版を発行した。同レポートは2016年から発行しており今年で5回目。166カ国について分析した。 SDG Index 2020 スウェーデン(84.72) デンマーク(84.56) フィンランド [...]

» 続きを読む

【国際】世界銀行、途上国での気候変動ファイナンス拡大のため民間資金活用の政策転換を提言

Facebook Twitter Google+

 世界銀行は6月17日、発展途上国での気候変動ファイナンス(グリーンファイナンス)を加速させる必要性を説く提言レポートを発表した。気温上昇を2℃未満に留めるためには毎年4兆米ドル(約430兆円)のファイナンスが必要だが、2017年と2018年の気候変動向け開発金融は過去最大のファイナンス額を達成したとは言え、550億米ドル(約5兆円)にすぎず、構造的な変革が必要となっている。  発展途上国では、経済発展に伴い二酸化炭素排出量は増加する [...]

» 続きを読む

private 【国際】アマゾン、気候誓約ファンド設立し2150億円拠出。2040年カーボンニュートラルに向け投資

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手アマゾンは6月23日、気候誓約ファンドを設立。2040年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の実現に向けた技術開発へ投資すると発表した。まずアマゾン自身が20億米ドル(約2,150億円)を拠出した。  同社は2019年、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ロレアル、2030年までに包装を100%再生・植物素材に切替。環境・社会格付ラベル付与も

Facebook Twitter Google+

 化粧品世界大手仏ロレアルは6月25日、2030年目標を強化した新たなサステナビリティプログラム「L’Oréal for the future」を発表。2025年までに同社全拠点で二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)の実現、2030年までに製品あたりの二酸化炭素排出量を2016年比50%削減、2030年までに同社製品パッケージでの100%再生素材または植物由来素材の利用を掲げた。  同社はすでに、 (さらに&hellip [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る