【国際】日本含む14ヶ国とWRI、気候変動のための海洋経済改革でレポート発表。業界イニシアチブも発足

Facebook Twitter Google+

 海洋保全分野の政府ハイレベル会合「持続可能な海洋経済」は9月23日、国連気候アクション・サミットの場で、気温上昇を1.5℃に留めるための海洋の役割をまとめた科学レポートを発表した。また、加盟国首脳会合を開催し、日本を含む13ヶ国が共同で提言を発表した。同会合の事務局は、国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)が担っている。また議長国は、ノルウェーとパラオが共同で務めている。    「持続可能な海洋経済」には現在、日本、ノルウェー、ポ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る