private 【国際】J&J、途上国での結核治療薬ベダキリン・アクセスを拡大。新型コロナが結核治療に悪影響

Facebook Twitter Google+

 医薬品世界大手米ジョンソン・エンド・ジョンソンと、国連プロジェクトサービス機関(UNOPS)が事務局を務める国際結核治療支援イニシアチブ「Stop TB Partnership」は7月6日、世界保健機関(WHO)の支援を受け、多剤耐性結核(MDR-TB)及びリファンピン耐性結核(RR-TB)の治療薬ベダキリン(商品名サチュロ)を低・中所得国に展開していくと発表した。  ジョンソン・エンド・ジョンソンは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】医薬品アクセス財団、新型コロナでHIV・マラリア・結核治療の遅延に警鐘。死者数増加の予測

Facebook Twitter Google+

 国際医薬品アクセス向上NGOの医薬品アクセス財団(Access to Medicine Foundation)は6月9日、小児HIV・マラリア・結核対策進捗レポートを発表。新型コロナウイルス・パンデミックに伴う医療崩壊で、小児HIV・マラリア・結核治療への取り組みに遅れが生じていると指摘した。  HIV・マラリア・結核は、特に低・中所得国において子どもの感染リスクが高い三大感染症。これまで長きに渡り、国際的な取り組みがなされてきたた [...]

» 続きを読む

private 【国際】ヤンセンファーマ、エボラワクチンでEUから肯定的見解。結核治療薬では米認可獲得

Facebook Twitter Google+

 医薬品世界大手米ジョンソン・エンド・ジョンソン子会社のヤンセンファーマは5月29日、エボラ出血熱予防に向け調査中のザイールエボラウイルスに対するワクチン「Ad26.ZEBOV」及び「MVA-BN-Filo」について、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)より市販承認申請(MMA)に肯定的見解を得たと発表した。  エボラ出血熱を発症するウイルスの亜属は、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る