【カナダ】加民間シンクタンク、連邦・州政府に対し気候変動政策立案の留意点を提言

Facebook Twitter Google+

 カナダの民間経済シンクタンクEcofiscal Commissionは6月8日、カナダの連邦政府および州・準州政府に向けたカナダの低炭素社会化提言レポート「Supporting Carbon Pricing: How to identify policies that genuinely complement an economy-wide carbon price」を発表した。  カナダの連邦政府、州・準州政府は2016年12月、 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SCSの家具・建材認証が、EPAが定める連邦政府調達推奨基準に指定

Facebook Twitter Google+

 米国カリフォルニア州にグローバル本部を置くサステナビリティ認証機関SCS Global Services(SCS)は1月5日、同社が提供するIndoor Air Quality認証基準が米環境保護庁(EPA)が連邦政府調達の推奨基準として選ばれたと発表した。オバマ大統領は2015年3月に大統領令(Presidential Executive Order)13693号を発令し、EPAに対して連邦政府調達にとって推奨されるスペック、基準 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】化学物質規制強化法案が成立、環境保護庁が化学物質規制を制定する計画

Facebook Twitter Google+

 米オバマ大統領は6月22日、化学物質の規制を強化する法案「Frank R. Lautenberg Chemical Safety for the 21st Century Act」(米政府が用いている略称は、「ローテンバーグ化学安全法」に署名し、同法案が成立した。米連邦政府の化学物質関連法としては、これまで1970年代のフォード政権下で成立した「有害物質規制法(TSCA)」があったが、環境規制当局の監督権限が小さく、化学物質規制強化 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】17州司法長官が連盟、温暖化ガス削減に向け、企業への圧力を強化

Facebook Twitter Google+

 3月29日、全米から25州・準州の司法長官がニューヨークに集結した。呼びかけたのは、ニューヨーク州のEric T. Schneiderman司法長官と、バーモント州のWilliam Sorrell司法長官。議題は気候変動だ。この会合には、元米副大統領で現在環境NGOのClimate Reality Project議長を務めるアル・ゴア氏も招かれ、17州・準州の司法長官が連合体「AGs United for Clean Power」を [...]

» 続きを読む

【アメリカ】連邦政府とサプライヤー、温室効果ガス排出削減に向け新方針を発表

Facebook Twitter Google+

 米国のオバマ大統領は3月19日、連邦政府に温室効果ガス(以下、GHG)排出量を2025年までに2008年比で40%削減させ、再生可能エネルギー源が占める電力消費量の割合を30%まで増加させる大統領令を出した。また、連邦政府と契約中の大手サプライヤーはそれぞれ自社のGHG排出量削減目標を発表し、同日にオバマ政権は目標の具体化とそれによる恩恵を話し合うため、サプライヤーを集めた座談会を開催した。  この新たな連邦政府と関連サプライヤーの [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る