Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【カナダ】連邦政府、CCS未整備石炭火力発電所を2030年までに停止すると発表 2016/11/27 最新ニュース

ottawa

 カナダ連邦政府のキャサリン・マッケナ環境・気候変動相は11月16日、同国のアルバータ州カルガリーで開催されたカナダ風力エネルギー協会(CanWEA)の年次総会の基調講演の中で、2025年までに連邦政府自身のエネルギー調達100%を再生可能エネルギーで賄う予定であると発表した。さらにマッケナ環境・気候変動相は11月21日、2030年までに炭素回収・貯蔵(CCS)技術を導入していない石炭火力発電所を全て停止し、再生可能エネルギーを推進していく計画を発表した。

 マッケナ大臣によると、石炭火力発電所の停止により、同国の全発電量に占める再生可能エネルギー発電は現在の80%から90%に増加し、2030年までに5メガトン以上の二酸化炭素排出量を削減できるという。政府は同時に、再生可能エネルギー分野への投資を国内外から呼び込むための投資環境を各州や準州と協力しながら整備していく。その一つとして、カナダ政府が今秋に政策発表したインフラ投資のための政府系銀行「カナダ・インフラ銀行」の設立を実現させるとともに、今後11年間でグリーン・インフラ分野に219億カナダドル(約1.8兆円)を投資していく。

 カナダではトルドー首相の強いリーダーシップにより、気候変動対策を連邦政府レベルで進めている。今回の発表はいずれも米国大統領選挙でトランプ候補の勝利が明らかとなったあとであり、カナダは米国の動向にかかわらず、気候変動対策を推し進める考えをはっきりさせている。

【参照ページ】Canadian government will source 100 per cent renewable energy for facilities
【参照ページ】The Government of Canada accelerates investments in clean electricity

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る